お知らせ

  • 8月15日(月)~17日(水)午後11時00分~11時50分 <NHK-FM>

この番組について

常盤貴子・木村多江・のん、日替わりで、文学作品の名作を朗読。バイオリン・ピアノ・チェロ。楽器も日替わりで音楽を奏でる♪ 3夜連続、是非!お聴きください。

  • 出演 常盤貴子 (俳優)

    1972年生まれ、神奈川県出身。93年女優デビュー。以後、ドラマ『愛していると言ってくれ』『Beautiful Life~ふたりでいた日々』『グッドワイフ』映画『赤い月』『野のなななのか』『花筺/HANAGATAMI』、舞台『恐れを知らぬ川上音二郎一座』『マクベス Macbeth』『王将』など、数多くの作品に出演。NHKでは『ビューティフル・スロー・ライフ』『TAROの塔』『神様の女房』、連続テレビ小説『まれ』、大河ドラマ『天地人』、プレミアムドラマ『遙かなる山の呼び声』などに出演。『贋作 男はつらいよ』では寅次郎の妹・さくらを演じる。 NHK BSプレミアム「続 遥かなる山の呼び声」風見民子役 2022年9月放送予定 NHK「鶴瓶の家族に乾杯」ナレーション

  • 出演 木村多江 (俳優)

    1971年生まれ、東京都出身。学生時代から舞台活動を始め、96年ドラマデビュー。2008年、初主演映画『ぐるりのこと。』では、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞など多数の賞を受賞する。NHKでは連続テレビ小説『純情きらり』『とと姉ちゃん』、大河ドラマ『北条時宗』、土曜ドラマ『上海タイフーン』、ドラマ10『カレ、夫、男友達』、プレミアムドラマ『珈琲屋の人々』『ボクの妻と結婚してください。』『しずかちゃんとパパ』などに出演。日本舞踊は師範でもある。 主演をつとめたNHKよるドラ「阿佐ヶ谷姉妹ののほほんふたりぐらし」では第30回橋田賞を受賞。 NHK BSプレミアム鑑賞マニュアル「美の壺」レギュラー(天の声)を務める。

  • 出演 のん (俳優・創作あーちすと)

    1993年生まれ、兵庫県出身。2013年NHK連続テレビ小説『あまちゃん』ヒロイン役。 2016年公開の劇場アニメ「この世界の片隅に」主人公すずの声を演じ、第40回日本アカデミー賞では最優秀アニメーション作品賞を受賞。 2022年2月に自身が脚本、監督、主演の映画作品「Ribbon」公開。 2022年夏、映画「さかなのこ」 2022年秋、映画「天間荘の三姉妹」公開予定。

  • 作曲・編曲・バイオリン演奏 NAOTO (バイオリニスト・作編曲家)

    1973年 大阪府高槻市出身。 東京藝術大学音楽学部附属音楽高校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。 クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらのアクロバティックな演奏など華麗なパフォーマンスで人気を博す。 2005年に、EPICレコードよりメジャーデビュー。 2017年には、自身のレーベルを立ち上げ、2022年に通算10枚目のCD「Get over it」を発売。 日本スープカレー協会広報宣伝担当理事、カレーマイスターの資格取得、ラジオパーソナリティーなど、活動は多種多彩に渡る。

  • 作曲・編曲・ピアノ演奏 新垣隆 (作曲家・ピアニスト)

    1970年東京都出身。4歳よりピアノを始める。桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。作曲を南聡、中川俊郎、三善晃、ピアノを森安耀子の各氏に師事。2015年「ピアノ協奏曲新生」、2016年「交響曲連祷 Litany」を発表。コンサートのための作品、バレエ、映画、ゲームなど様々なジャンルの作曲も手がける。川谷絵音プロデュースのバンド「ジェニーハイ」にキーボードとして参加。2018年、桐朋学園講師に復職。2019年、富山桐朋学園大学院大学特任教授に就任。2020年、大阪音楽大学客員教授に就任。教育の分野において重責を担う。日本現代音楽協会、日本演奏連盟会員。

  • 作曲・編曲・チェロ演奏 柏木広樹 (チェリスト・作編曲家・プロデューサー)

    1968年東京出身。東京藝術大学在学中にG-CLEFとしてデビュー。類まれな倍音を持ち味に、多国籍な音楽性とチェロを融合、通算10枚のオリジナルアルバムを発表。10年にわたる盲導犬の支援活動などを通じ、動物・自然へのメッセージを発信し続けている。 映画「おくりびと」「冷静と情熱のあいだ」「新世紀エヴァンゲリオン」「雪の華」「きらきら眼鏡」などの映像音楽、能、タップダンスとのコラボレーションなど多岐にわたり活動。 人間の声に最も近い音色の楽器といわれるチェロを変幻自在に操り、自らを“チェロ芸人”と称して笑顔が溢れる音楽を目指すチェリスト。

放送

  • NHK-FM

直近で放送したエピソード