岩合光昭の世界ネコ歩き

共有

岩合光昭の世界ネコ歩き

選「名前もユニーク バスクのニャン〜スペイン〜」

スペイン・バスク地方の現代アート作家のネコは4日前に来たばかり、このネコの名前をつけることになった岩合さん。更に名前が日本に由来のあるネコと30分も鳴き合った。 動物写真家岩合光昭さんが世界中のネコたちを撮影して歩く人気シリーズ。今回は、スペインとフランスにまたがるバスク地方に行った。スペインとはいっても言葉や文化、習慣も違うバスク、バスクは初めての岩合さん、ちょっと緊張してのスタートだった。有名な現代アートの作家の家のネコは4日前に迷い込んできたばかり、最初とっつきにくいと思ったものの打ち解けて仲良くなった岩合さん、このネコの名前をつけることになったが。