岩合光昭の世界ネコ歩き

共有

岩合光昭の世界ネコ歩き

選「虹の浜辺のニャン〜コスタリカ〜」

真っ青な海と空が美しいコスタリカの浜辺で、黒白のメスネコに出会う「なかなかの美人さん」と気に入った岩合さん、早速撮影を始める。やがて浜辺には大きな虹がかかった。 動物写真家岩合光昭さんが世界中のネコたちを撮影して歩く人気シリーズ。真っ青な海と空が美しいコスタリカの浜辺で、黒白のメスネコに出会う。「なかなかの美人さん」と気に入った岩合さん、早速撮影を始める。やがて浜辺には大きな虹がかかった。そして首都サンホセの青空市場、ここには誰からも好かれる大柄のネコがいた。人々の間を動き回り、ソーセージをもらったり抱きかかえられたり、人気ぶりはその名前にも現れていた。