ニュース速報

    「がんと生きる 仕事 家庭...社会復帰への道」

    2人に1人ががんになるといわれる時代。いまや5年生存率は6割を超え、もはや「不治の病」ではなくなった。治療の中心も入院から通院へとシフトし、仕事との両立も可能になっている。しかし、その一方でがん患者の離職率は3割以上と、社会復帰に向けた障壁もいまだに残っている。がんとともに生きるために何が必要なのか。あるべき支援は何か。患者の3分の1を占める現役世代のがん患者のドキュメントから考える。