ニュース速報

「風評被害をどう防ぐ? 原発“処理水”と私たち」

首都圏の魚市場に並ぶ鮮度抜群のメヒカリやヒラメ。福島の海で水揚げされた“常磐もの”だ。原発事故から10年、福島の魚が首都圏にも届くようになる中、政府は福島第一原発の処理水を2年後をめどに海へ放出する方針を決めた。食の安心は守られるのか?松田キャスター自ら原発に向かい、処理水の現状や処理方法を取材。そして風評被害を防ぐために何が必要なのか、漁業者・鮮魚販売会社・飲食店の取り組みからヒントを探る。