ニュース速報

    「感染急増 どうなる 首都の医療」

    感染拡大が続く新型ウイルスを前に、専門家会議が警鐘を鳴らした「医療崩壊」。新型コロナの対応で医療リソースが払底し、救える命が救えなくなるリスクが高まっている。こうした事態を防ごうと、東京都は、感染症の指定医療機関以外にもさらなる協力を要請。ビジネスホテルでは無症状や軽症者の受け入れも始まった。症状によって対応を仕分け、医療崩壊を食い止めようという首都の医療。新たな感染症との戦いの最前線に密着する。