ニュース速報

これからのエピソード

最近放送したエピソード

この番組について

「一歩先へ、一歩深く、高い信頼感」 きょうの日本、世界の今 夜7時、あなたと一緒に見つめたい

  • キャスター(平日) 瀧川剛史

    いざというとき、困ったときにこそ、 頼りにしていただけるニュース番組にしたい。 30分で日本と世界のいまが分かる、「一歩先へ、一歩深く」 そして、一歩ずつでもいいから、 より良い明日をつくる力になることを目指して。 言葉の可能性を信じてお伝えします。 夜7時にお会いしましょう。

  • キャスター(平日) 上原光紀

    「ニュース7を担当して3年目。 この間に時代は平成から令和に変わり、 新型コロナウイルスで日常は一変しました。 激動する社会の中で、不安を抱えている方も多いのではないでしょうか。 溢れかえる情報の中で「正確な情報」を伝え続け、 安心していただける「温もりのある言葉」をお届けしていきたいです。

  • キャスター(月~木) 栗原望

    これまで、リポーターとして、様々な現場を取材しましたが、 ぼくたちの放送は、出会った方々の発する「声」で出来ています。 コロナの感染拡大で、社会のあらゆるところで、 先行きの見えない不安の「声」を聴いてきました。 「もっと、こういう社会になってほしい」。 その声は、社会への願いを込めた「招待状」だと思います。 一つ一つのニュースに込められたメッセージをしっかりと届け、 この社会に少しでも貢献したいと思います。

  • キャスター(土日・祝日) 青井実

    この一年、こんなにも誰かに「逢いたい」と思った事はありませんでした。 大切な人を守るために「逢わない」という、 経験したことの無い日常がやってきました。 ただその中で、自分は誰かに支えられて生きているんだという、 人の「優しさ」に、改めて気付きました。 皆さんの近くにいる、逢いたい人・大切な人の生活に寄り添い、 「温もり」を持って、ニュースを伝えていきたいと思います。

  • キャスター(土日・祝日) 池田伸子

    思いもよらない経験をしてきた1年。 しんどいことも、うれしいことも、 周囲と共有しながら乗り越えてきた日々でもありました。 ひとつでも多くの安心を皆さんと分かち合えるように、 2021年も誠心誠意お伝えしてまいります。

  • キャスター(金・土日・祝日) 伊藤海彦

    政治、経済、事件、スポーツなど多くのジャンルの取材をしてきた私が、 1年間同じテーマの取材をし続けることになるとは思いませんでした。  【新型コロナウイルス】。 皆さんにとっても我慢を強いられる、大変な1年だったことと思います。 私は新型コロナウイルスの取材を1年続けてきたことで、 様々な立場の方の状況や心境の変化を肌で感じ、その声を届けてきました。 今年度も皆さんの声に真摯に耳を傾け、この状況が少しでも良くなるよう 伝え続けたいと思います。よろしくお願いします。

  • 気象情報(平日) 平野有海

    幼少期を自然豊かな福島県の村で過ごしました。 片道2キロの通学路で出会った春の花や動物たち、夏の夕立の後に見た虹、 秋の高く澄んだ青い空、そして冬に友だちと作った雪だるま、 全ての記憶が自然と共にあります。 私の使命は、台風や大雨、猛吹雪、多くの自然災害から 皆さんの命や大切な人、財産を守ることです。 一方で、自然の美しさや素晴らしさを伝えていくことも 使命であると考えています。 空と人とをつなぐメッセンジャーとして、 心を込めて気象情報をお伝えします。

  • 気象情報(土日・祝日) 向笠康二郎

    南北に長い日本列島。 同じ日でも北と南の気温差が40度以上になることもあり、 天気も大きく違います。 東京のスタジオからの放送ですが、 全国の地域に思いを馳せて、皆さんの生活に寄り添った情報をお届けします。 穏やかな日も、荒れた天気の日も、大事なポイントをシンプルに。 目や耳に残る気象情報を目指します。

放送

  • 総合
    毎週月曜~日曜 午後7時