▼米空軍「オスプレイ」墜落 捜索続く▼札幌五輪・パラ “ゼロベース”に

NHK
2023年11月30日 午後8:31 公開

11月30日のニュース7では、アメリカ空軍の輸送機「オスプレイ」墜落事故の続報や、2030年と2034年に札幌市が目指していた冬のオリンピック・パラリンピックの招致が事実上厳しい状況になったことなどについてお伝えしました。

①アメリカ空軍「オスプレイ」墜落 多数の破片引きあげ

鹿児島県の屋久島沖で墜落したアメリカ空軍の輸送機オスプレイ。周辺海域を捜索した船には、機体の一部と見られるたくさんの破片が積まれていました。乗員は8人だったということで、残る7人の救助を急いでいます。

防衛省によりますと、国内に配備されているオスプレイはあわせて44機。

沖縄県にある普天間基地では、墜落事故のあともオスプレイの飛行が複数回確認され、懸念の声が上がっています。普天間基地がある宜野湾市の松川市長は、原因が明らかになるまでオスプレイの飛行を停止するよう要請しました。

このニュースの見逃し配信はこちらから(期間は1週間)※別タブで開きます

②札幌市の五輪・パラ招致 厳しい状況に

IOC(国際オリンピック委員会)は29日理事会を開き、2030年の候補地をフランスのアルプス地域に、次の2034年はアメリカのソルトレークシティーに一本化することを決定。招致を目指してきた札幌市が2つの大会で選ばれる可能性はなくなりました。さらに、2038年の大会はスイスと優先的に対話を進めることも明らかにしました。

札幌市の秋元市長は「今後について、ゼロベースで考えざるを得ない」と話しています。

このニュースの見逃し配信はこちらから(期間は1週間)※別タブで開きます