▼ウクライナ復興に向け会議 ▼能登半島地震ボランティアの課題は(2月19日放送)

NHK
2024年2月19日 午後8:02 公開

2月19日のニュース7では、ロシアによる軍事侵攻が続くウクライナの復興に向けた会議や、能登半島地震の復旧に欠かせないボランティア活動の課題などについてお伝えしました。

①ウクライナ復興に向け会議

ロシアによる侵攻開始からまもなく2年。東京でウクライナの復興に向けた会議が開かれました。

午後6時半すぎから岸田総理大臣とウクライナのシュミハリ首相の首脳会談が行われました。

また、会議では官民一体となってインフラ整備などを支援するため、両国の企業や官民の間で、56の協力文書が交わされました。▼がれき処理や、地雷の除去▼農業の生産性向上▼電力・交通インフラの整備など7つの分野で打ち出した支援策には大手機械メーカーや商社のほか、農業や住宅関連のスタートアップ企業が参画しています。

このニュースの見逃し配信はこちらから(期間は1週間)※別タブで開きます

②能登半島地震ボランティアの課題は

能登半島地震で確認された住宅の被害が石川県内で7万棟を超えました。復旧に欠かせないボランティアは石川県におよそ2万6200人が登録していますが、宿泊場所の不足もあり、実際に活動したのはのべ2739人にとどまっています。復旧を進めようと、石川県は被災した地域に「仮設宿泊所」を整備したいという考えを示しました。

さらに、奥能登地域ではボランティアがより長く活動できるようになりました。宿泊場所から被災地への移動に時間がかかり、ボランティアの活動時間が短いことが課題となっていますが、19日から奥能登地域の2市2町では帰りのバスの時間を1時間から1時間半遅らせ、活動時間を4時間以上確保できるようにしました。

このニュースの見逃し配信はこちらから(期間は1週間)※別タブで開きます