ニュース速報

最新情報

  • 10/17 アートシーンで紹介した展覧会
    2021年10月17日
  • 10/17 再放送関連コラム「谷内六郎が見られる「横須賀美術館」へ行ってきました」
    2021年10月17日
  • NHKのアート関連番組をまとめてつぶやく「NHKびじゅつ委員長」Twitter
    2021年10月03日
  • アートシーンのホームページ
    2021年09月10日

これからのエピソード

最近放送したエピソード

この番組について

「日曜美術館」は、今年で45年目。古今東西の “美”は、時代ごとに新たな意味を持って立ち上がってくる! そんな“美と時代の出会い”をお届け。司会は作家・小野正嗣さん。深くて、時に難しい美の世界との架け橋を目指します。

  • 司会 小野正嗣 (作家 早稲田大学教授)

    1970年、大分県生まれ。パリ第8大学で博士号を取得。著書に『にぎやかな湾に背負われた船』(第15回三島由紀夫賞)、『九年前の祈り』(第152回芥川賞)、『獅子渡り鼻』、『踏み跡にたたずんで』など。訳書にマリー・ンディアイ『三人の逞しい女』など。 新型コロナの流行により私たちと美術との関係は変化したように見えます。美術館や博物館、展覧会を訪れる機会が奪われ、私たちは息苦しさを感じています。しかし、この息苦しさ、あるいは「生き苦しさ」は、美術が空気のように私たちの「生存」にとって、精神の「自由」にとって必要不可欠なものであることをより強く深く実感させてくれます。日曜美術館を通して、人間を励まし支え、喜びをもたらす、この美術の持つ普遍的な「いのちの力」をみなさんと共有したい———そう心から願っています。

  • 司会 柴田祐規子 (NHKアナウンサー)

    1989年NHK入局。東京都出身。 経済・社会・生活情報番組のリポーターやキャスター、料理、書評、映画など趣味実用番組の司会進行、「NHKスペシャル」や「ETV特集」などドキュメンタリー番組のナレーター、「ラジオ深夜便」アンカーなどを担当。 「日曜美術館」に関わって3年目になりました。2年目の春、番組開始以来初めての全国各地の美術館・博物館の臨時休館という事態に胸を痛めました。そして思い立ったらいつでも行ける場、出会えるアートの存在がどんなに大切であったかと知りました。芸術の持つ力に励まされ、数々の困難を乗り越えてきた先人たちの背中を見ながら、私たちは今ここにいるのですよね。番組を通じて「美」のエネルギーをお届けします。どうぞ引き続きよろしくお願いします。

放送

  • Eテレ
    毎週日曜 午前9時

再放送

  • Eテレ
    毎週日曜 午後8時