ニュース速報

    「まさかの正夢の段」

    ある日の夜、乱太郎は不運な夢を見てしまう。しかもその夢が正夢(まさゆめ)に!すっかりしょげる乱太郎に、しんべヱは、楽しいことを考えていれば、いやな夢は見ないと言う。乱太郎はがんばって楽しいことを考え、なんとテストで100点をとる夢を見る。