ニュース速報

    「ドクタケ城のハエたたきの段」

    八方斎(はっぽうさい)がハエたたきを使っていると、そこへドクタケ城主の木野小次郎竹高(きのこじろうたけたか)がやってきた。ハエたたきに目をとめた竹高は、自分もハエを落としてみたいと興味津々。さっそく八方斎をハエの役にして、ハエたたきを持って追いかけはじめる。