ニュース速報

    「団蔵の手紙の段」

    ある日のこと、団蔵(だんぞう)が字の練習をしていると、馬借(ばしゃく)の清八(せいはち)が忍術学園へやってきた。清八は、団蔵の父の飛蔵(とびぞう)から、団蔵の様子を見てくるようにとたのまれたらしい。