ニュース速報

    「お魚の英雄の段」

    食堂(しょくどう)のおばちゃんが、考えこんでいた。知りあいの魚屋さんの息子が魚ぎらいで、なんとかならないかと考えていたのだ。話を聞いた竹谷八左ヱ門(たけやはちざえもん)先輩は、はちや三郎(さぶろう)先輩、不破雷蔵(ふわらいぞう)先輩とともに、その子の魚ぎらいをなおそうとする。