ニュース速報

    「綾部喜八郎の災難の段」

    四年生の綾部(あやべ)先輩が、困っていた。昨日、どこに落とし穴を掘ったのか、わからなくなってしまったと言うのだ。そこへはちや先輩が来て、「このあたりがあやしい」と地面をふんだとたん…。2人は、落とし穴に落ちてしまう。