「利吉とキャッチボールの段」

    息子の利吉(りきち)さんが子どもだったころのことを、なつかしく思い返していた山田先生。ちょうどそこへ、利吉さんが忍術学園へやって来た。すっかりうれしくなった山田先生は、利吉さんにキャッチボールをしようとさそう。