ニュース速報

    「貴重な存在の段」

    ドクたまの山ぶ鬼(やまぶき)は、魔界之(まかいの)先生から貴重(きちょう)な存在(そんざい)だと言われた。ドクタケ忍術教室で、くの一は山ぶ鬼だけなのだ。すっかりうれしくなった山ぶ鬼は、みんなに「これからは私を大切にしてもらいまーす」と言う。