恋した相手は平安貴族「須磨の写絵(うつしえ)」

初回放送日: 2022年5月20日

令和3年9月の歌舞伎座から、六世中村歌右衛門が愛した歌舞伎舞踊の名作を、主人公・行平を演じた中村梅玉の副音声解説とともにお届けする。 帝の怒りを買い都を追われて須磨の浦に流された公達、在原行平は、いつしか松風と村雨という海女の姉妹と恋に落ちる。しかし勅勘が許され、行平は二人に帰洛を告げず立ち去ろうとして・・・。行平を中村梅玉、松風を梅玉の弟の魁春が演じ、村雨は歌右衛門の甥・七世芝翫の孫、中村児太郎。プレイボーイの平安貴族の心持ちが難しいと語る梅玉の、めったに聞けない本音トークは副音声解説で。 ミニコーナーは、人間国宝の人生に刻まれた言葉を聞くシリーズ「たからのことば」。今回は沖縄から、琉球古典音楽の西江喜春のお話を聞く。

出演者

  • インタビュー出演・副音声解説 中村梅玉 (歌舞伎俳優)

  • たからのことば 西江喜春 (組踊音楽歌三線)