🆕īŧŽéŸŋ 新éĻ–å¸­æŒ‡æŽč€…ãƒ•ã‚Ąãƒ“ã‚ĒãƒģãƒĢイãƒŧジ氏がį›ŽæŒ‡ã™éŸŗæĨŊ【イãƒŗã‚ŋビãƒĨãƒŧ全文】

NHK
2022åš´9月9æ—Ĩ 午垌5:01 å…Ŧ開

åąąå†…īŧ‰

最初ぎãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢおį–˛ã‚Œæ§˜ã§ã—た。ãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢをįĩ‚えた気分はいかがですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

とãĻもハッピãƒŧãĒ気分です。最初ぎãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢはとãĻもうぞくいきぞした。ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãŽįš†ã•ã‚“ãĢとãĻも渊かくčŋŽãˆãĻいただきぞした。īŧŽīŧ¨īŧĢäē¤éŸŋæĨŊå›Ŗとäģ•äē‹ã‚’するためãĢ最éĢ˜ãŽã‚šã‚ŋãƒŧトを切ることができたと思いぞす。

åąąå†…īŧ‰

ãƒĄãƒŗバãƒŧãŽå°čąĄã¯ã„ã‹ãŒã§ã—ãŸã‹īŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

こぎã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãŽįš†ã•ã‚“ぎことはįŸĨãŖãĻいぞした。原は数嚴前から一įˇ’ãĢäģ•äē‹ã‚’しãĻいたからです。įš†ã•ã‚“がとãĻもã‚ĒãƒŧプãƒŗãĢ新しいã‚ĸイデã‚ĸを受けå…ĨれãĻくれることをįŸĨãŖãĻいぞすし、įœŸæ‘¯ãĒå§ŋå‹ĸでäģ•äē‹ãĢ臨ãŋ、とãĻもįœŸéĸį›ŽãĢäģ•äē‹ãĢ取りįĩ„んでいることもįŸĨãŖãĻいぞす。įš†ã•ã‚“はč‡Ē分ぎäģ•äē‹ãĢとãĻもã‚ŗミットしãĻいぞす。äģŠæ—Ĩもįš†ã•ã‚“とäģ•äē‹ã‚’するぎは大きãĒ喜ãŗでした。

åąąå†…īŧ‰

į§ã¯å…ˆãģãŠã€ãƒĄãƒŗバãƒŧãĢãƒĢイãƒŧジさんはおんãĒ斚ですかīŧŸã¨ãŠčŠąã‚’čžã„ãŸã‚‰ã€ã¨ãĢかくéŸŗæĨŊをよくご存じだとåŖをそろえãĻ言ãŖãĻいぞした。éŸŗæĨŊã¸ãŽæˇąã„į†č§ŖはおこからくるんですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

そうですね、įŸĨč­˜ã¯å‹‰åŧˇã¨įĩŒé¨“から垗ãĻいぞす。į§ã¯ã‚‚ã†é•ˇåš´ãĢわたãŖãĻこぎäģ•äē‹ã‚’しãĻいぞすし、įœŸå‰ŖãĢäģ•äē‹ãĢ取りįĩ„ãŋ、å…ĨåŋĩãĒæē–備をしãĻいぞす。į§ã¯ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã‚’ãƒĒãƒŧドしãĒければãĒらãĒいからです。そぎためãĢは、č‡Ē分がしãĻいることãĢč‡ĒäŋĄã‚’持つåŋ…čĻãŒã‚ã‚Šãžã™ã—ã€ãƒĄãƒŗバãƒŧぎあらゆるčŗĒ問ãĢį­”えられるようãĢしãĒければãĒりぞせん。

“į§ãŸãĄãŒį”Ÿãŋå‡ēしたäŊœå“ã€€č´ãæ‰‹ãĢåąŠã‘ã‚‹â€

åąąå†…īŧ‰

そんãĒãƒĢイãƒŧジさんとīŧŽéŸŋだからこそį”Ÿãŋå‡ēせるéŸŗæĨŊぎ可čƒŊæ€§ã€ãŠã†č€ƒãˆãĻいぞすかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

į§ãŸãĄãŋんãĒぎį›Žæ¨™ã¯ã€įžŽã—いéŸŗæĨŊをį”Ÿãŋå‡ēし、į§ãŸãĄãŒį”Ÿãŋå‡ēしたäŊœå“ã‚’č´ãæ‰‹ãĢåąŠã‘ã‚‹ã“ã¨ã§ã™ã€‚ãã‚ŒãŒæœ€ã‚‚é‡čĻãĒことです。į§ãŸãĄã¯č‡Ē分ぎためãĢæŧ”åĨã‚’しãĻã„ã‚‹ãŽã§ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã€‚č´čĄ†ãŽãŸã‚ãĢæŧ”åĨã‚’しãĻいぞす。そぎためãĢį§ãŸãĄã¯å…ĨåŋĩãĒæē–備をし、同じ斚向ãĢ向かãŖãĻ一įˇ’ãĢč€ƒãˆã€ãžãŸã€åŒã˜æ–šå‘ãĢ向かãŖãĻ一įˇ’ãĢ感じãĒければいけぞせん。それはį§ãŒäģŠåžŒã€ã“ぎã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã¨åŽŸįžã—ãŸã„ã¨č€ƒãˆãĻいることです。

åąąå†…īŧ‰

äģŠåēĻå°ąäģģã‚’č¨˜åŋĩしたå…Ŧæŧ”で最初ãĢæŧ”åĨã•ã‚Œã‚‹ãŽãŒãƒ´ã‚§ãƒĢデã‚ŖぎãƒŦクイエム。おうしãĻã“ãŽæ›˛ãĢされたんですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

ぞず、こぎäŊœå“īŧˆãƒ´ã‚§ãƒĢデã‚Ŗぎ《ãƒŦクイエム》īŧ‰ã¯ã€ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã¨ã‚ŗãƒŧナ゚ぎためãĢäŊœæ›˛ã•ã‚ŒãŸæœ€ã‚‚重čĻãĒäŊœå“ã ã¨ã„うことがありぞす。これはジãƒĨã‚ŧッペãƒģヴェãƒĢデã‚Ŗぎ傑äŊœã§ã‚り、ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã€ã‚ŊãƒĒã‚šãƒˆã€æŒ‡æŽč€…ãĢとãŖãĻã‚‚ã€č´čĄ†ãĢとãŖãĻも、かかわるすずãĻぎäēēãĢとãŖãĻ非常ãĢ゚ピãƒĒチãƒĨã‚ĸãƒĢãĒイãƒŗパクトがあるäŊœå“ã§ã™ã€‚

これはぞた、哀æ‚ŧãĢついãĻぎäŊœå“ã§ã¯ãĒãã€å¸Œæœ›ã‚’æŒãĄã€æ­ģãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ãĢついãĻぎäŊœå“ã§ã™ã€‚ある意å‘ŗ、į§ãŸãĄãŽäēēį”ŸãŽä¸€éƒ¨ã§ã‚ã‚‹æ­ģãĢついãĻč€ƒãˆã€ãã‚ŒãĢ寞しãĻ前向きãĒæ°—æŒãĄã‚’æŒã¤ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹äŊœå“ã§ã™ã€‚ã¤ãžã‚Šã“ã‚Œã¯æ‚˛ã—ã„äŊœå“ã§ã¯ãĒく、希望とįžŽãĢæē€ãĄãŸäŊœå“ã§ã™ã€‚こぎä¸ģ題ãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã¯å¤šããŽäēēãĢとãŖãĻé›Ŗしいことですが、į§ãĢとãŖãĻこれはį„Ąé™ãŽįžŽã—さとåĨĨæˇąã•ã‚’æŒã¤æ›˛ã§ã™ã€‚

åąąå†…īŧ‰

ãƒŦクイエムを選んだぎはåŽĸãĢæ­ģãĢついãĻ前向きãĢč€ƒãˆãĻãģしいと思ãŖたぎですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

おãŖしゃるとおりです。前向きãĒčĻ‹æ–šã‚’、į§ãŸãĄãŒãŠãŽã‚ˆã†ãĢæ­ģと向き合うか、おぎようãĢ運å‘Ŋと向き合うかということです。それはį§ãŸãĄãŽé‹å‘Ŋだからです。īŧˆæ­ģはīŧ‰į§ãŸãĄãŽé‹å‘Ŋであり、äēēį”ŸãŽä¸€éƒ¨ã§ã™ã€‚į§ãŸãĄã¯äēēį”ŸãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹ã¨ãã€ããŽæœ€åˆã‹ã‚‰æœ€åžŒãžã§ã‚’č€ƒæ…ŽãĢå…ĨれãĒければãĒりぞせん。äēēį”ŸãĢは始ぞりがあり、įĩ‚わりがありぞす。そぎ最垌をčŋŽãˆã‚‹ãŸã‚ãĢæē–備をすることはとãĻも重čĻã ã¨į§ã¯č€ƒãˆãĻいぞす。こぎäŊœå“ã¯į§ãŸãĄãŒãã‚Œã‚’į†č§ŖするためãĢåŊšįĢ‹ã¤ã¨æ€ã„ぞす。重čĻãĒぎはäēēį”ŸãŒįĩ‚わることではãĒく、そぎためãĢおぎようãĢæē–備をするかということです。

åąąå†…īŧ‰

いぞå…Ŧæŧ”でæŧ”åĨã™ã‚‹ãŽã¯ã€ã„ぞ、ã‚ŗロナįĻãĒおでčĒ°ã—ã‚‚æ­ģãĢ向き合わざるをえãĒい、そういう時äģŖだからãĒぎでしょうかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

ããŽæ–‡č„ˆã§č€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã¯ã§ããžã™ãŒã€ãã‚ŒãŒã“ãŽäŊœå“ã‚’選んだį†į”ąã§ã¯ã‚りぞせん。äēēį”Ÿã¯ã€į§ãŸãĄãŒį”ŸããĻいるこぎįžŦ間よりもはるかãĢč¤‡é›‘ã§ã€ã¯ã‚‹ã‹ãĢ重čĻãĒもぎだと思いぞす。それはįĩļ寞įš„ãĒもぎです。それãĢかかわるあらゆる側éĸã‚’č€ƒæ…Žã—ãĒければãĒりぞせん。そぎさぞざぞãĒ側éĸは、į§ãŸãĄãŒį”ŸããĻいるこぎįžŦ間とはåŋ…ずしもかかわりがありぞせん。こぎ時äģŖãĢį™ēį”Ÿã—た不æ¸Ŧぎäē‹æ…‹ã‚ˆã‚Šã‚‚大きãĒもぎです。

しかし、įĸēかãĢこぎ時äģŖã¯č¤‡é›‘ã§ã€ã‚ãžã‚ŠãĢã‚‚å¤šããŽæ‚˛ã—ãŋがあり、あぞりãĢã‚‚å¤šããŽå•éĄŒãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ãƒ‘ãƒŗデミックがあり、æˆĻäē‰ãŒã‚りぞした。しかし掋åŋĩãĒがら世į•ŒãĢはいつぎ時äģŖãĢもæˆĻäē‰ãŒã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚ã§ã™ã‹ã‚‰ã€ããŽæ–‡č„ˆã§č€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã‚‚ã§ããžã™ãŒã€ã“ãŽäŊœå“ãŽé‡čĻæ€§ã¨ã€ãã‚ŒãĢよãŖãĻį§ãŸãĄãŒæˇąãč€ƒãˆã‚‹ãšãã“とぎ重čĻæ€§ã¯ã€åŋ…ずしもį§ãŸãĄãŒį”ŸããĻいる時äģŖとįĩãŗついãĻはいぞせん。

“éŸŗæĨŊはį•°ãĒるæŦĄå…ƒã¸ã€å´‡éĢ˜ãĒ存在ãĢåŧ•ãä¸Šã’ãĻくれる”

åąąå†…īŧ‰

ãŠčŠąã‚’äŧēãŖãĻいãĻ、ãƒĢイãƒŧジさんは晎遍įš„ãĒįžŽã—さや尊さを大切ãĢされãĻいるぎだと感じぞしたが、それはéŸŗæĨŊäģĨ外ぎ分野でも通じãĻ大切ãĢしãĻいるもぎでしょうかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

それはé›ŖしいčŗĒ問ですね。įĸēかãĢīŧˆäģ–ぎ分野ãĢもīŧ‰é€šã˜ãĻいぞすが、į§ã¯ã“ぎ時äģŖãĢį”ŸããĻいるäēē間ですから、į§ã‚‚äģ–ぎãŋんãĒã¨åŒã˜å•éĄŒã‚’æŠąãˆãĻいぞす。

éŸŗæĨŊはį§ãŽåŠ›ãĢãĒãŖãĻくれぞす。ãĒぜãĒらéŸŗæĨŊはį§ã‚’į•°ãĒるæŦĄå…ƒã¸ã¨é‹ã‚“でくれるからです。éĸ¨å‘‚ãĢå…ĨãŖたり、į—…é™ĸãĢ行ãŖたり、čĢ‹æą‚書ぎ支払いをしたりといãŖた、æ—Ĩ常įš„ãĒ世į•Œã¨ã¯į•°ãĒるæŦĄå…ƒã§ã™ã€‚それがéŸŗæĨŊã¨čŠ¸čĄ“ãŽã™ã°ã‚‰ã—ã•ã§ã™ã€‚į§ãŸãĄã‚’より崇éĢ˜ãĒ存在へとåŧ•ãä¸Šã’ãĻくれぞす。į•°ãĒるæŦĄå…ƒãĢåŧ•ãä¸Šã’られ、時ãĢはæ—Ĩ常į”Ÿæ´ģからé›ĸれることができぞす。そこがすばらしいところです。

åąąå†…īŧ‰

čŠ¸čĄ“ãŽäžĄå€¤ã¯ã„ã¤ãŽæ™‚äģŖもある一斚で、ここ数嚴、ã‚ŗロナįĻã§ãĒかãĒかã‚ŗãƒŗã‚ĩãƒŧトが開けãĒかãŖたり、思うようãĢæ´ģ動できãĒかãŖたりしたと思いぞす。そんãĒときはおんãĒåŋƒæŒãĄã ãŖたぎでしょうかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

パãƒŗデミックは非常ãĢ困é›ŖãĒ時期でした。į§ãŸãĄãŒįĩŒé¨“したことぎãĒいもぎだãŖたからです。į§ãŸãĄã¯ã“れぞでįĩŒé¨“したことぎãĒいæœĒįŸĨãŽå•éĄŒãĢį›´éĸし、それぞでは存在しãĒかãŖたč§Ŗæąēį­–ã‚’æ¨Ąį´ĸしãĒければãĒりぞせんでした。非常ãĢ困é›ŖãĒ時期で、į§ãŸãĄãŒææĄˆã—たč§Ŗæąēį­–は間違ãŖãĻいたもぎもたくさんありぞしたし、æ­Ŗしいもぎもありぞした。それぞではãĒかãŖた新しいã‚ĸイデã‚ĸをæŽĸしãĻいるようãĒ時期でした。

しかし、それは、į§ãŸãĄã¯åŽŒį’§ã§ã¯ãĒく、č‡Ē分よりもはるかãĢ大きãĒã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŽä¸€éƒ¨ãĢすぎãĒいことをčĒč­˜ã™ã‚‹éžå¸¸ãĢč‰¯ã„æŠŸäŧšã§ã—た。それãĢã¯č‰¯ã„éĸもありぞした。į§ãŸãĄã¯æ–°ãŸãĒã‚ĸイデã‚ĸやã‚ŊãƒĒãƒĨãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗをį”Ÿãŋå‡ēすåŋ…čĻãŒã‚ãŖたからです。č‡Ēåˆ†ãŸãĄã¯æ€ãŖたãģお厌į’§ã§ãĒいことをį†č§Ŗしたぎは、åĨ全ãĒことです。個äēēįš„ãĢもį§ã¯ãã‚Œã‚’感じぞした。į§ãŸãĄãŽį¤žäŧšã€į§ãŸãĄãŽä¸–į•Œã¯æ€ãŖãĻいたãģお厉厚したもぎではãĒく、ごく小さãĒã‚ĻイãƒĢ゚がすずãĻã‚’æˇˇäšąã•ã›ã€å›°é›Ŗをį”Ÿãŋå‡ēしãĻいると思いぞした。åŊ“分ぎ間はすずãĻを゚トップしãĒければãĒらãĒかãŖたことは、つらく、困é›Ŗで、įĩŒé¨“したことぎãĒいįŠļæŗã§ã—たが、いくつかぎポジテã‚ŖブãĒ側éĸもありぞした。それは、č‡Ē分č‡ĒčēĢãĢついãĻ、世į•ŒãĢついãĻ、そしãĻį§ãŸãĄãŽå­˜åœ¨ãĢついãĻč€ƒãˆã‚‹æŠŸäŧšã‚’与えられたことです。個äēēįš„ãĢは、とãĻも重čĻãĒ抟äŧšã§ã—た。

į‰Šäē‹ã‚’ã‚ˆã‚Šč‰¯ãį†č§Ŗし、新しいå„Ē先順äŊã‚’つけることができたからです。į§ãŽäēēį”ŸãŽå„Ē先čĒ˛éĄŒã§ã¯ãĒく、į¤žäŧšã¨ä¸–į•ŒãŽå„Ē先順äŊã§ã™ã€‚それはį§ãŽäēēį”ŸãĢいくらかぎ変化を及ãŧし、į§ãŽč€ƒãˆæ–šã‚’変えぞした。ですから、įĩæžœįš„ãĢはポジテã‚ŖブãĒåŊąéŸŋがあり、そぎおかげでč‡Ēåˆ†ã¯ã‚ˆã‚Šč‰¯ã„äēē間ãĢãĒることができたと思いぞす。

åąąå†…īŧ‰

そぎįĩŒé¨“ã‚’įĩŒãĻ、éŸŗæĨŊ性、éŸŗæĨŊãŽčĄ¨įžã€å‘き合い斚ãĢ変化はį”Ÿãžã‚Œã‚‹ã§ã—ょうかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

それはわかりぞせん。そぎ期間ãĢč€ƒãˆãŸã“ã¨ã‚’äģŠãŽį§ãŒãŠãŽã‚ˆã†ãĢ襨įžã—ãĻいるか、それはč‡Ē分ではわからãĒいことだと思いぞす。こぎ困é›ŖãĒ時期ぎ前ãĢも、éŸŗæĨŊは重čĻãĒã‚‚ãŽã ã¨č€ƒãˆãĻいぞしたが、éŸŗæĨŊより重čĻãĒもぎがäēēį”ŸãĢã¯ãŸãã•ã‚“ã‚ã‚‹ã¨ã‚‚č€ƒãˆãĻいぞした。おそらく、こぎ時期ãĢį§ãŒį†č§Ŗã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããŸãŽã¯ã€ã“ã‚Œãžã§č€ƒãˆãĻいたよりéŸŗæĨŊは重čĻãĒもぎだということです。

éŸŗæĨŊだけでãĒãã€čŠ¸čĄ“å…¨čˆŦが重čĻã§ã™ã€‚それがäēē間と動į‰Šã‚’分けるもぎだからです。į§ãŸãĄãŒčŠ¸čĄ“ã‚’é‘‘čŗžã—ã€čŠ¸čĄ“ãŒį§ãŸãĄã‚’ã‚ˆã‚ŠčąŠã‹ãĢしãĻくれるためãĢ、į§ãŸãĄã¯ã‚ˆã‚ŠéĢ˜ã„æŦĄå…ƒãĢåŧ•ãä¸Šã’られぞす。äēē間だけが持ãŖãĻいるもぎです。それはæœŦåŊ“ãĢ重čĻãĒことです。それãĢよãŖãĻį§ãŸãĄã¯į˛žįĨžæ€§ã‚’養い、äēēį”ŸãŽæ„å‘ŗをčĻ‹å‡ēすことができるからです。それがãĒければ、ただį”Ÿãã€éŖŸãšã€į”ŸæŽ–するだけです。äēēį”ŸãŽį›Žįš„はそれだけではãĒく、į”Ÿãã‚‹ã“とぎ意å‘ŗや、こぎ世į•Œã€ã“ãŽã‚ˇã‚šãƒ†ãƒ ãŽä¸€å“Ąã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ãŽæ„å‘ŗã‚’æˇąãč€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ã§ã™ã€‚ã“ãŽæ™‚æœŸã¯ã€į§ãŒãã‚Œã‚’į†č§ŖするきãŖかけを与えãĻくれたと思いぞす。そぎおかげでį§ãŒč€ƒãˆã‚‹éŸŗæĨŊã‚„čŠ¸čĄ“ãŽäžĄå€¤ã¯ã€äģĨ前よりもはるかãĢéĢ˜ã„もぎãĢãĒりぞした。

åąąå†…īŧ‰

そぎようãĒ、äēēéĄžãŒæ™Žéįš„ãĢå…ąæœ‰ã™ã‚‹čŠ¸čĄ“ãŽäžĄå€¤ãŒã‚ã‚‹ä¸€æ–šã§ã€ã‚Ļクナイナäžĩæ”ģåžŒã¯ã€ãƒ­ã‚ˇã‚ĸäēēぎéŸŗæĨŊåŽļやéŸŗæĨŊへぎボイã‚ŗットがčĩˇããžã—た。それãĢついãĻおう思いぞすかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

į§ãĢはぞãŖたくį†č§Ŗã§ããžã›ã‚“ã§ã—ãŸã€‚ãƒ­ã‚ˇã‚ĸぎもぎだというį†į”ąã ã‘ã§čŠ¸čĄ“ã‚’æŽ’é™¤ã™ã‚‹ã¨ã„ã†č€ƒãˆã¯į†č§Ŗã§ããžã›ã‚“ã€‚ãƒ­ã‚ˇã‚ĸã¯ã™ã°ã‚‰ã—ã„čŠ¸čĄ“äŊœå“ã‚’į§ãŸãĄãĢ与えãĻくれãĻã„ãžã™ã€‚ããŽčŠ¸čĄ“ã¯ã€į§ãŸãĄãŋんãĒぎもぎです。それはäēēéĄžã™ãšãĻぎためぎもぎであãŖãĻ、į‰šåŽšãŽæ”ŋåēœã‚„å›Ŋぎäēēぎもぎではありぞせん。チãƒŖイã‚ŗプキãƒŧをæŧ”åĨã—ãĒい、プãƒŧã‚ˇã‚­ãƒŗぎäŊœå“ã‚’čĒ­ãžãĒい、ニã‚ŗナイãƒģãƒĒョãƒŧãƒĒフぎįĩĩを鑑čŗžã—ãĒいãĒおと、おうしãĻč€ƒãˆã‚‹ã“ã¨ãŒã§ãã‚‹ãŽã§ã—ã‚‡ã†ã‹ã€‚ãã‚“ãĒã˛ãŠã„ã“ã¨ã¯ã‚ã‚Šãžã›ã‚“ã—ã€į§ã¯įĩļ寞ãĢ反寞です。

į§ã¯ãƒ­ã‚ˇã‚ĸãŽčŠ¸čĄ“åŽļをæ•Ŧ愛しãĻいぞすし、そぎäŊœå“ã¯į§ãŸãĄãŒãƒ­ã‚ˇã‚ĸぎ文化をį†č§ŖするためãĢåŊšįĢ‹ãĄãžã™ã€‚æ”ŋæ˛ģįš„ãĒį†į”ąãŽãŸã‚ãĢåŊŧらぎ存在をį„ĄčĻ–することãĒãŠã§ããžã›ã‚“ã€‚ã“ã‚Œã¯ãƒ­ã‚ˇã‚ĸå›Ŋ民ではãĒãã€ãƒ­ã‚ˇã‚ĸæ”ŋåēœãŽå•éĄŒã§ã™ã€‚ぞãŖたくぎåˆĨį‰Šã§ã™ã€‚æ”ŋåēœãĢついãĻは、įŗžåŧžã—ãĻも、äēēそれぞれぎ意čĻ‹ã‚’持ãŖãĻã‚‚ã‹ãžã„ãžã›ã‚“ãŒã€čŠ¸čĄ“åŽļがį”Ÿãŋå‡ēすäŊœå“ã¯ã€ã™ãšãĻぎäēēぎためぎもぎです。åŊŧらを排æ–Ĩすることは間違ãŖãĻいぞす。

â€œå€‹æ€§čąŠã‹ãĒå›Ŗå“Ąã€€åŒã˜äēēã¯ã˛ã¨ã‚Šã¨ã—ãĻいãĒい 最éĢ˜ã‚’åŧ•ãå‡ēしたい”

åąąå†…īŧ‰

ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã‚’ãžã¨ã‚ãĻいく上でぎポイãƒŗトはäŊ•ã§ã—ょうīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

ã“ã‚Œã¯æŒ‡æŽč€…ã§ã‚ã‚‹ã“ã¨ãŽæ ¸åŋƒãĢé–ĸã‚ã‚‹å•éĄŒã§ã™ã€‚ã•ã‚‰ãĢ、ビジネ゚į•ŒãŽã‚らゆる分野ぎãƒĒãƒŧダãƒŧãĢとãŖãĻもåŋ…čĻã¨ã•ã‚Œã‚‹čŗ‡čŗĒã§ã—ã‚‡ã†ã€‚åŽŸã¯æŒ‡æŽč€…ãŽäģ•äē‹ã‚‚、äŧšį¤žãŽįĩŒå–ļも、やることはぞãŖたく同じです。ただ違うぎは、į§ãŽčˇå ´ã¯ã‚Ēフã‚Ŗ゚ではありぞせんし、é›ģčŠąã§æŒ‡į¤ēを送るわけでもãĒい、というところです。

į§ã¯å¸¸ãĢ、å›Ŗå“ĄãŸãĄã¨å…ąãĢいぞす。そこがį´ æ™´ã‚‰ã—いį‚šã§ã™ã€‚äēēぎ間ãĢįĢ‹ãĄã€äēēãĢå›˛ãžã‚ŒãĻčĄŒã†äģ•äē‹ã ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚į§ãŸãĄã¯å¸¸ãĢéĸと向かい、čŋ‘ã„čˇé›ĸã§å…ąåŒäŊœæĨ­ã‚’しãĻいぞす。こぎようãĒ間čŋ‘でぎ意思į–Žé€šãŒã€į§ãŸãĄãŽäģ•äē‹ãĢは不可æŦ ã§ã™ã€‚ぞた、こぎã‚ŗミãƒĨãƒ‹ã‚ąãƒŧã‚ˇãƒ§ãƒŗはゎブãƒģã‚ĸãƒŗドãƒģテイクでもありぞす。į§ã‚‚å›Ŗå“Ąã‹ã‚‰ã€å¤šããŽã‚¨ãƒãƒĢã‚ŽãƒŧをもらãŖãĻいぞす。そしãĻ、あãĒたがおãŖしゃるようãĢ、ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãĢは原ãĢå€‹æ€§čąŠã‹ãĒå›Ŗå“ĄãŒãŸãã•ã‚“ã„ãžã™ã€‚ãã‚Œãžã‚ŒãŒãžã‚ŒãĢčĻ‹ã‚‹ã‚ˆã†ãĒ個性、į‰šåˆĨãĒ個性を持ãŖãĻいãĻ、同じäēēã¯ã˛ã¨ã‚Šã¨ã—ãĻいぞせん。ここがすばらしいところですね。

į§ãŽäģ•äē‹ã¯ãã†ã—ãŸå€‹æ€§čąŠã‹ãĒå›Ŗå“Ąã‚’éŧ“čˆžã—ã€čĒŦ垗しãĻ、一įˇ’ãĢã˛ã¨ã¤ãŽã“ã¨ã‚’ã™ã‚‹ã“ã¨ã€åŊŧらが持ãŖãĻいる最éĢ˜ãŽéƒ¨åˆ†ã‚’åŧ•ãå‡ēすことです。į§č‡ĒčēĢも最大限åŠĒ力しãĻいぞすから、それをåŊŧらãĢæą‚ã‚ãžã™ã€‚ã™ãšãĻãŽãƒĄãƒŗバãƒŧãĢとãŖãĻį‰šåˆĨãĒもぎをäŊœã‚‹ãĢは、ベ゚トをå°Ŋくすことです。それがį§ãŽäģ•äē‹ã§ã™ã€‚

åąąå†…īŧ‰

個性がãļつかるときもあるぎではãĒいですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

いや、それはãĒいです。į§ã¯ã§ãã‚‹ã ã‘ã€æ–‡č„ˆãĢæ˛ŋãŖたåŊĸでčĒŦæ˜Žã—ãžã™ã‹ã‚‰ã€‚ã“ã“ã§č¨€ã†ã€Œæ–‡č„ˆã€ã¨ã¯ã€éŸŗæĨŊ上ぎ、éŸŗぎæĩã‚Œã§ã™ã€‚äģŠãŽã¨ã“ろ、常ãĢį§ãŽæŒ‡æŽãĢ垓うよう、æŧ”åĨåŽļãŸãĄã‚’čĒŦ垗できãĻいぞす。でもåŊŧらぎã‚ĸイデã‚ĸも受けå…Ĩれぞす。䞋えば、ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãĢã‚ŊロåĨč€…がいãĻã€ã˛ã¨ã‚Šã§æŧ”åĨã™ã‚‹æ™‚ãĢįžŽã—いčĒŋずをåĨã§ãĻいたら、そぎåŧžãæ–šã‚’ãĒぜ変えるåŋ…čĻãŒã‚るでしょうかīŧŸããŽæŧ”åĨã“そが、ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãĢåąžã™ã‚‹ã™ãšãĻぎäēēãĢ寞する、こぎåĨč€…ぎč˛ĸįŒŽãĒぎです。ですから、æŧ”åĨåŽļからぎこうしたプナ゚ぎč˛ĸįŒŽã‚’受けられることは、į§ãŽįžŠå‹™ã§ã‚‚ありぞす。これがã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãŽå€‹æ€§ã‚’åŊĸäŊœãŖãĻいきぞす。

åąąå†…īŧ‰

åŧˇã„力で集å›Ŗをåŧ•ãŖåŧĩãŖãĻいくãƒĒãƒŧダãƒŧã‚ˆã‚Šã‚‚ã€čŠąã—åˆã„ã‚„ã€ã‚„ã‚Šå–ã‚Šã‚’é€šã—ãĻチãƒŧムをäŊœãŖãĻいくãƒĒãƒŧダãƒŧぎãģã†ãŒã€ã‚ˆã‚Šč‰¯ã„éŸŗæĨŊをäŊœã‚‹ã“とができるぎでしょうかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

おんãĒビジネ゚ãĢおいãĻも、å„Ēį§€ã§åŧˇã„ãƒĒãƒŧダãƒŧとは、å‘Ŋäģ¤ã‚’するåŋ…čĻãŒãĒいäēēだと思いぞす。å„ĒれたãƒĒãƒŧダãƒŧãĒら、č‡Ē分がįŽ‡ã„るチãƒŧムが同じ斚向ãĢé€˛ã‚ã‚‹ã‚ˆã†ã€ä¸Šæ‰‹ãĢčĒŦ垗できるはずです。éŸŗæĨŊやã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãŽä¸–į•Œã‚‚それは同じです。į§ãŒã„いã‚ĸイデã‚ĸã‚„č¨ˆį”ģãŽæŒãĄä¸ģで、向かう先がわかãŖãĻいるäēēだとį´åž—すれば、å›Ŗå“Ąã‚‚ã¤ã„ãĻきãĻくれぞす。ぞた、į§ãŒãƒĒãƒŧダãƒŧとしãĻå„Ēれたčŗ‡čŗĒを持ãŖãĻいることもわかãŖãĻもらわãĒければãĒりぞせん。įĸēかãĢé›Ŗã—ã„å•éĄŒãĒぎですが、į§ã¯å‘Ŋäģ¤ã‚’下すことはしぞせん。æŧ”åĨåŽļãĢは、ãĒぜこぎ斚向ãĢ向かうずきãĒぎか、į†į”ąã‚’čĒŦ明しぞす。たいãĻいぎ場合は、それでわかãŖãĻくれぞす。わかãŖãĻくれãĒい場合は、さらãĢ丁寧ãĒčĒŦ明をåŋƒãŒã‘ぞす。それで最įĩ‚įš„ãĢã¯ã€å…¨å“ĄãŒåŒã˜æ–šå‘ãĢé€˛ã‚€ã‚ˆã†ãĢãĒりぞす。これはおんãĒビジネ゚ぎ世į•Œã§ã‚‚同じだと思いぞす。

åąąå†…īŧ‰

そこが垚åē•ã—たæē–å‚™ãĢつãĒがãŖãĻいるんですねīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

æē–備は大äē‹ã§ã™ã€‚åŋ…čĻãĒぎです。違うやり斚はできぞせん。

åąąå†…īŧ‰

ãƒĢイãƒŧジさんは指揎をするãĢあたり、æĨŊ譜ãĢたくさんぎ書きčžŧãŋをしãĻいるとäŧēãŖたぎですが、おぎようãĢã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ã‚’č†¨ã‚‰ãžã›ã‚‹ãŽã§ã™ã‹īŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

最初ぎ゚テップは、æĨŊč­œãŽæ¤œč¨ŧです。äģŠãŠčŠąãĢãĒãŖたæĨŊč­œã¸ãŽæ›¸ãčžŧãŋは、į´”į˛‹ãĢč‡Ē分だけぎためãĢ、æĨŊč­œã‚’čĻ–čĻšįš„ãĢã‚ã‹ã‚Šã‚„ã™ãčĄ¨įžã™ã‚‹ãŸã‚ãĢすることです。検č¨ŧがįĩ‚わると、æŦĄã¯ãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢです。こぎæŽĩ階ではį§ãŽé ­ãĢはâ€Ļã€ã„ã‚„ã€ã‚¤ãƒĄãƒŧã‚¸ãŒã‚ã‚‹ã¨ã¯č¨€ãˆãĒいですね。頭ãĢæĩŽã‹ã‚“でいるぎはéŸŗですから。「こぎäŊœå“ãŒãŠãŽã‚ˆã†ãĢéŸŋくずきか」というéŸŗです。さらãĢこぎ頭ぎ中ãĢčžã“ãˆãĻいるéŸŗを、ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãŒåĨã§ã‚‹éŸŗと比čŧƒã—ぞす。こぎ比čŧƒãŽãƒ—ロã‚ģ゚を通じãĻ、čģŒé“äŋŽæ­Ŗã‚’čĄŒã„ã€ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã‚’å°Žã„ãĻいきぞす。でも、īŧˆæĨŊč­œã¸ãŽīŧ‰æ›¸ãčžŧãŋは検č¨ŧぎ間ãĢčĄŒã†ãŽã‚‚ãŽã§ã€ãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢ向けではありぞせん。æĨŊč­œã‚’įš„įĸēãĢį†č§ŖするためãĢ、č‡Ē分ぎためãĢ書きčžŧむもぎです。

åąąå†…īŧ‰

頭ぎ中ãĢį†æƒŗぎéŸŗæĨŊができãĻいるįŠļ態でãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢãĢčĄŒãã‚“ã§ã™ã­īŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

そうです。これがį§ãĒりぎå­Ļįŋ’æŗ•ãĒãŽã§ã€‚ã§ã‚‚ã‚¤ãƒĄãƒŧジを持つこと、頭ぎ中でéŸŗぎéŸŋãã‚’æŠŠæĄã—ãĻおくことは大äē‹ã ã¨æ€ã„ぞす。こぎæē–備をしãĻおかãĒいと、ミ゚ぎäŋŽæ­Ŗもできぞせんし、ã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠãŽæŧ”åĨã¨é•ã†åŊĸãĢæĨŊæ›˛ã‚’åŊĸäŊœãŖãĻいくこともできãĒくãĒりぞす。

“大åĨŊきãĒæ—ĨæœŦã€€č´čĄ†ã¯į§ãŸãĄãŽåŠĒ力をį§°čŗ›ã—ãĻくれる”

åąąå†…īŧ‰

īŧ’īŧåš´äģĨ上前からæ—ĨæœŦãĢæĨãĻいるそうですが、åĨŊきãĒところはīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

ãģãŧすずãĻがåĨŊきです。æ—ĨæœŦはį´ æ™´ã‚‰ã—いå›Ŋで、すãĻきãĒäēēがäŊã‚“でいぞすし、思いやりãĢあãĩれãĻいぞす。æ—ĨæœŦぎäēēはäēēã‚’åŠŠã‘ãŸã„ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄãŒåŧˇãã€æ•Ŧ意を払ãŖãĻくれぞす。į§ãŽéŸŗæĨŊåŽļとしãĻぎäģ•äē‹ã§č¨€ãˆã°ã€éŸŗæĨŊãĢæŽĨする態åēĻãĢついãĻも、įŸĨč­˜čąŠå¯Œã§æ•Ŧ意をæŦ ã‹ã•ãĒã„ã¨ã„ã†å°čąĄãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ãã‚Œã¯éŸŗæĨŊそぎもぎãĢ加えãĻ、éŸŗæĨŊをæŧ”åĨã™ã‚‹čŠ¸čĄ“åŽļãĢ寞しãĻもです。それãĢ加えãĻ、æ—ĨæœŦãŽč´čĄ†ã¯ã€å…¨ãĻãŽčŠ¸čĄ“åŽļやéŸŗæĨŊåŽļぎäģ•äē‹ãŒãŠã‚Œã ã‘åŽŗしいもぎか、わかãŖãĻくれãĻいãĻ、そぎåŠĒ力をį§°čŗ›ã—ãĻくれãĻいるようãĢ感じぞす。それがīŧˆæŒ‡æŽč€…というīŧ‰äģ•äē‹ã‚’通しãĻčĻ‹ãŸã€æ—ĨæœŦãŽå°čąĄã§ã™ã€‚

でもそれだけでãĒく、一個äēēとしãĻæ—ĨæœŦをčĻ‹ãŸã¨ãã‚‚、äēē々はčĻĒしãŋやすく、éƒŊäŧšã‚‚地斚もįžŽã—いと感じぞす。čĻã™ã‚‹ãĢ、į§ã¯ã“ぎå›ŊがåĨŊきãĒんです。æ—ĨæœŦをč¨ĒれるたãŗãĢ、とãĻもãƒĒナック゚できぞしたし、厉åŋƒæ„Ÿã‚’čĻšãˆãĻきぞした。こぎå›Ŋではč‡Ē分らしくいられると感じぞす。

åąąå†…īŧ‰

æ—ĨæœŦãĢæĨたときãĢã‚ˆãčĄŒãå ´æ‰€ã€éŖŸãšã‚‹ã‚‚ぎãĒおはありぞすかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

æ—ĨæœŦãĢæĨると、ãģとんおはäģ•äē‹ã§įĩ‚わãŖãĻしぞいぞす、čĻŗ光をする時間はあぞりありぞせん。時間があるときãĢã‚ˆãčĄŒããŽã¯æĩ…č‰ã§ã™ã­ã€‚ãŠæ°—ãĢå…Ĩã‚ŠãŽå ´æ‰€ãŽã˛ã¨ã¤ã§ã™ã€‚į§ãŒæœ€åˆãĢæ—ĨæœŦãĢæĨたぎはįĸēかīŧ‘īŧ™īŧ™īŧ•åš´ã ãŖたと思いぞすが、それäģĨæĨ、æĩ…č‰ã‚‚å°‘ã—å¤‰ã‚ã‚Šãžã—ãŸã€‚äģŠã¯īŧˆå¤–å›Ŋäēēīŧ‰čĻŗ光åŽĸがたくさんいぞすからね。初æĨæ—ĨåŊ“時は、čĻŗ光åŽĸはもãŖと少ãĒくãĻ、æ—ĨæœŦäēēが多かãŖãŸã‚“ã§ã™ã€‚ã¨ã¯č¨€ãŖãĻも、į§ã‚‚čĻŗ光åŽĸぎ一äēēですから、åˆĨãĢ文åĨã‚’č¨€ãŖãĻいるわけではありぞせんよ。ãŋんãĒãŒčĄŒããŸããĒã‚‹æ°—æŒãĄã¯ã‚ˆãã‚ã‹ã‚Šãžã™ã€‚įžŽã—い場所ですからね。

でもそれだけでãĒく、į§ã¯æĩ…č‰ãĢ、äģ–ãĢãĒいã‚ĒãƒĒジナãƒĒテã‚Ŗ、「æœŦåŊ“ぎæ—ĨæœŦ」を感じるんです。そもそもここはčĻŗ光゚ポットではãĒいですよね。おå¯ēがあãŖãĻ、そこãĢは意å‘ŗがありぞす。多くぎæ—ĨæœŦぎäēēãŸãĄãŒãŠå¯ēを参拝し、įĨˆã‚Šã‚’捧げãĻいるå§ŋをį›ŽãĢしぞす。そぎ光景がį§ãĢはįžŽã—く感じられぞす。åŧˇã•ã¨æˇąãŋがあるところが気ãĢå…ĨãŖãĻいぞす。čĻŗ光゚ポットというよりも、äŋĄäģ°ãŽå ´ã¨ã—ãĻぎ側éĸですね。そこãĢæœŦåŊ“ãĢ惚かれぞす。でも先ãģãŠã‚‚č¨€ãŖたようãĢ、čĻŗ光をする時間はあぞりãĒいですね。

åąąå†…īŧ‰

æĩ…č‰ãŽäēēぎį”Ÿæ´ģぎįŠē間ãĢもåŋƒæƒšã‹ã‚Œãžã™ã‹īŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

そう、ぞさãĢそこがåĨŊきãĒã‚“ã§ã™ã€‚ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã€į§ã‚‚よそぎå›ŊからæĨãĻいるわけですが、そぎå›ŊぎæœŦåŊ“ぎå§ŋ、čĻŗ光åŽĸとしãĻį›ŽãĢするもぎとは違うもぎがčĻ‹ã‚‰ã‚Œã‚‹ãŽãŒã„いと思いぞす。

åąąå†…īŧ‰

æ—ĨæœŦぎ文化、文å­ĻãĢも造čŠŖãŒæˇąã„ã¨čžããžã—ãŸã€‚

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

ãˆãˆã€ãŸã å•éĄŒã¯į§ãŒæ—ĨæœŦčĒžã‚’čĒ­ã‚ãĒいことです。ですからæ—ĨæœŦ文å­Ļもįŋģč¨ŗでčĒ­ã‚€ã—かありぞせん。そぎせいで、æ—ĨæœŦ文å­ĻぎįžŽã—さをæē€å–ĢできãĻいãĒいようãĢ思いぞす。それでも、こぎ世į•ŒãĢæĩ¸ã‚‹ãŽã¯čˆˆå‘ŗæˇąã„äŊ“験です。

æ—ĨæœŦ文å­ĻはここãĢしかãĒい、į‰šåˆĨãĒã‚šã‚ŋイãƒĢを持ãŖãĻいるからです。おぎäŊœåŽļぎäŊœå“ã‚’čĒ­ã‚“でも、「これはæ—ĨæœŦ文å­ĻだãĒ」というį‰šåž´ãŒã‚り、すぐãĢã‚ã‹ã‚Šãžã™ã€‚æ€č€ƒæŗ•ãŒé•ã†ãŽã§ã™ã€‚äēēį”Ÿã¸ãŽå‘き合い斚がį•°ãĒりぞす。ぞた、čĨŋ洋ぎå›Ŋ々と比ずると、į›Žã‚’å‘ã‘ã‚‹å¯žčąĄãŒãžãŖたく違いぞすね。そしãĻここが、æ—ĨæœŦ文å­ĻをčĒ­ã‚“でいãĻとãĻも魅力įš„ãĢ思う部分ãĒんです。䞋えばそれが杞æœŦ清åŧĩぎäŊœå“ã ã¨ã—ãĻもです。åŊŧぎäŊœå“ãĢã¯čˆˆå‘ŗæˇąã„ã‚‚ãŽãŒã‚ã‚Šãžã™ã€‚ã‚ĸãƒĄãƒĒã‚Ģやヨãƒŧロッパぎ小čĒŦとはぞãŖたく違いぞす。それは、常ãĢ小さãĒもぎ、į´°ã‹ã„ところを重čĻ–しãĻã„ã‚‹ã‹ã‚‰ã§ã™ã€‚čŠąã€į‰šåˆĨãĒå…Ĩれåĸ¨ã€ã‚るいはčĸĢåŽŗč€…ãŽéĢĒといãŖたもぎãĢį›Žã‚’向けãĻいぞす。äģ–ぎå›Ŋぎ多くぎ小čĒŦåŽļとは、書き斚がぞãŖたくį•°ãĒりぞす。

åąąå†…īŧ‰

杞æœŦ清åŧĩäģĨ外でčĒ­ãžã‚Œã‚‹å°čĒŦåŽļはīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

æ—ĨæœŦをč¨Ēれる前、å­Ļį”Ÿã ãŖたころは三åŗļį”ąį´€å¤ĢがとãĻもåĨŊきでした。åŊŧはčĨŋ洋でもとãĻもäēē気があり、よくįŸĨられãĻいたからです。æ—ĨæœŦだけでãĒく、åēƒã„地域で文化へぎåŊąéŸŋ力を持つäŊœåŽļです。そぎ垌、三åŗļをきかãŖけとしãĻ、åŊŧãĢとãŖãĻå¸ĢぎようãĒ存在だãŖた、ノãƒŧベãƒĢ文å­Ļčŗžå—čŗžč€…ãŽåˇįĢ¯åēˇæˆãĢã‚‚čˆˆå‘ŗã‚’æŒãĄãžã—ãŸã€‚ãã‚Œã§æ•°ã‹æœˆå‰ã‹ã‚‰ã€åˇįĢ¯ã‚’čĒ­ã‚“でいぞすが、į´ æ™´ã‚‰ã—いですね。į°ĄæŊ”でありãĒがら同時ãĢæˇąãŋがあり、そこがį§ãĢはぐãŖã¨ããžã™ã€‚åˇįĢ¯ãŽå°čĒŦはį§ãĢとãŖãĻは大きãĒį™ēčĻ‹ã§ã—た。掋åŋĩãĒがら、イã‚ŋãƒĒã‚ĸčĒžã§čĒ­ã‚€ã—かãĒいぎですが、それでもį´ æ™´ã‚‰ã—いです。こうしãĻįŸ­įˇ¨å°čĒŦやį‰ŠčĒžãĢすãŖかりはぞãŖãĻしぞãŖたぎですが、īŧˆčĨŋ洋ぎ文å­Ļとはīŧ‰ãžã‚‹ã§é•ã„ぞす。ぞず、プロットがありぞせん。į­‹æ›¸ãã¯ãĒく、そぎ時々ぎįžŦé–“ã‚„ãĄã‚‡ãŖã¨ã—ãŸæ€ã„ã‚’æˇąãæŽ˜ã‚Šä¸‹ã’ã€č€ƒãˆãŒæĩŽã‹ã‚“だそぎįžŦé–“ã‚’ããŽãžãžã€å‘¨å›˛ãŽįŠē気感をåĢめãĻ襨įžã—ãĻいく。そこがぞãŖたくį•°ãĒりぞす。そこが大変気ãĢå…Ĩりぞした。

åąąå†…īŧ‰

éĻ™æ°´ã‚’č‡ĒäŊœã•ã‚ŒãĻã„ã‚‹ã¨čžããžã—ãŸã€‚éĻ™æ°´äŊœã‚ŠãŒãŠåĨŊきãĒį†į”ąã¯īŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

éĻ™æ°´ã¯į§ãŽæƒ…į†ąãŽå¯žčąĄã§ã‚‚あり、čļŖå‘ŗでもありぞす。とãĻもå‰ĩ造力がかきたãĻられぞす。č‡Ēį„ļį•ŒãĢæƒŗ像しãĒいもぎをäŊœã‚‹ã€‚それがį§ãĢとãŖãĻぎéĻ™æ°´äŊœã‚Šã§ã™ã€‚でも、これはあくぞでčļŖå‘ŗです。į§ã¯ãƒ—ロぎčĒŋéĻ™å¸Ģではありぞせん。それでも、情į†ąã‚’感じãĻいãĻã€ã“ãŽæ€ã„ã‚’č‚˛ã‚“ã§ã„ããŸã„ã¨æ€ãŖãĻいぞす。å­Ļãŗįļšã‘ã€č…•ã‚’ä¸Šã’ãĻいきたいですね。

åąąå†…īŧ‰

おんãĒéĻ™ã‚ŠãŒãŠåĨŊきですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

č‹Ļãŋぎある、ã‚Ļッデã‚ŖãĒéĻ™ã‚ŠãŒåĨŊきです。į”˜ã„éĻ™ã‚Šã¯åĨŊきではありぞせん。フロãƒŧナãƒĢįŗģぎéĻ™ã‚Šã¯ã‚ぞりåĨŊãŋではãĒã„ã§ã™ã­ã€‚ã“ã‚Œã¯å“˛å­ĻãŽå•éĄŒãĒぎですが、į§ã¯čŠąãŽéĻ™ã‚Šã¯åŽŒį’§ã ã¨æ€ãŖãĻいぞす。ですからそれをぞねるぎはį†ãĢかãĒãŖãĻいぞせん。おうやãŖãĻã‚‚ã€čŠąãŽéĻ™ã‚ŠãŽåŽŒį’§ã•ãĢはčŋ‘ãĨけãĒいからです。ですから、č‡Ēį„ļį•ŒãĢはãĒい、おこか違ãŖたéĻ™ã‚Šã‚’äŊœã‚ŠãŸã„と思ãŖãĻいぞす。

“すでãĢあるéŸŗæĨŊを再įžã€€ã§ã‚‚、æĨŊč­œãŽčƒŒåžŒãĢあるäŊœæ›˛åŽļぎ意å›ŗã‚‚čĄ¨įžâ€

åąąå†…īŧ‰

もう一åēĻ、īŧŽéŸŋãĢついãĻãŠčžãã—ãžã™ã€‚äģŠåžŒīŧŽéŸŋでおんãĒéŸŗæĨŊをåĨã§ãŸã„ですかīŧŸ

ãƒĢイãƒŧジ氏īŧ‰

į§ã¯éŸŗæĨŊをå‰ĩ造はしぞせん。į§ã¯éŸŗæĨŊを再įžã™ã‚‹ãŽã§ã™ã€‚į§ãŸãĄã¯ã™ã§ãĢあるéŸŗæĨŊを再įžã™ã‚‹ãŽã§ã€ã‚ŧロからå‰ĩäŊœã™ã‚‹ã‚ã‘ではありぞせん。ここは大きãĒ違いです。å‰ĩ造するぎはäŊœæ›˛åŽļです。į§ãŸãĄãŽåŊšį›Žã¯å†įžã™ã‚‹ã“とです。į§ãŸãĄãĢは大きãĒč˛Ŧäģģがありぞす。

ãĒぜãĒら、į§ãŸãĄã¯äŊœæ›˛åŽļãŽč€ƒãˆã‚„æ„å›ŗをį†č§ŖしãĒければãĒらãĒいからです。時ãĢはæĨŊ譜ãĢ書かれãĻいるäģĨ上ãĢたくさんぎ意å›ŗが隠されãĻいる場合がありぞす。ですから、į§ãŸãĄãŽäģ•äē‹ã¯ã€įŦŦ一ãĢはæĨŊč­œã‚’į†č§ŖしãĻ、書かれãĻいるようãĢ再įžã™ã‚‹ã“ã¨ã§ã™ãŒã€ããŽčƒŒåžŒãĢある意å›ŗã‚‚čĄ¨įžã™ã‚‹åŋ…čĻãŒã‚りぞす。文å­Ļと同じです。äŊ•ã‹å°čĒŦをčĒ­ã‚“だとしãĻも、æœŦåŊ“ぎ意å‘ŗはčĒ­ã‚“ã§ã„ã‚‹č¨€č‘‰ãŽčŖãĢ隠されãĻいぞす。単čĒžã‚’čĒ­ã‚€ã ã‘でãĒく、それがäŊ•ã‚’意å‘ŗするかをį†č§ŖしãĒければãĒりぞせん。文字通りぎ意å‘ŗとは限りぞせんよね。それはéŸŗæĨŊも一įˇ’です。「į§ãŸãĄãĢは大きãĒč˛ŦäģģãŒã‚ã‚‹ã€ã¨č¨€ãŖたぎはそういう意å‘ŗです。

į§ãŽį›Žæ¨™ã¯ã€ã“ぎã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã¨å…ąãĢ旅をすることです。一įˇ’ãĢ旅をすることãĢãĒるでしょう。これはį´ æ™´ã‚‰ã—いことです。同じ斚向ãĢé€˛ã‚€ãĢは、į§ãŽã‚šã‚ŋイãƒĢはおんãĒもぎか、į§ãŸãĄãŒå†įžã—æŧ”åĨã™ã‚‹äŊœå“ã€æĨŊæ›˛ã‚„äē¤éŸŋæ›˛ãĢついãĻ、į§ãŒãŠãŽã‚ˆã†ãĒã‚ĸイデã‚ĸを持ãŖãĻいるかをįŸĨãŖãĻもらい、おäē’いをį†č§Ŗすることがåŋ…čĻã§ã™ã€‚į§ã¯å€‹äēēįš„ãĢ重čĻ–しãĻいることがありぞすが、こぎã‚Ēãƒŧã‚ąã‚šãƒˆãƒŠã¯ã™ã§ãĢそれをįŸĨãŖãĻいぞす。éŸŗæĨŊįš„ãĢ重čĻ–しãĻいるį‚šã‚’尊重しãĒがら、これからぎ数嚴間、įžŽã—い旅ãĢå‡ēることãĢãĒりぞす。そぎことをとãĻもčĒ‡ã‚‰ã—く、嚸せãĢ感じãĻいぞす。