👀新型コロナ「BA.5」培底解説 朜䌏期間はう぀す期間は

NHK
2022幎7月15日 午埌8:00 公開

新型コロナりむルスの感染拡倧が止たりたせん。

東京郜の専門家は「増加比が継続するず、これたでに経隓したこずのない爆発的な感染状況になる」ずしおいお、私たちも、譊戒しないずいけたせん。

この急拡倧の背景にあるのが、「」です。これたでより感染力が高いずされおいたす。

東京で「」の疑いがあるりむルスが、初めお確認されたのは、月日たでの週間でした。それからおよそか月埌の、今月日たでの週間で、党䜓の点になり、急速に眮き換わりが進んでいたす。

「」は、今埌も増加を続けるずみられ、来月、月の第週には、党囜的に、ほが党䜓が「」に眮き換わるずの掚定もありたす。

この「」に぀いお、①特城、②症状や重症化のリスク、③ワクチンの効果、④どう備えおいけばいいのか、科孊文化郚の籔内デスクずお䌝えしたす。

たず、特城に぀いお、改めお、教えおください。

「」は、これたで䞻流ずなっおきたオミクロン株よりも感染力は匷いずみられおいたす。

こずしのはじめ以降に広がったオミクロン株は、「」「」ずいいたすが、その時点で感染の広がるスピヌドは高かったですが、東京郜のデヌタの分析では、「」は、「」よりもさらに点倍広がりやすく、むギリスのデヌタでも、倍はやく広がっおいるずされおいたす。

感染力が匷いずいうのは間違いがなさそうです。

すでに感染し、免疫がある人でも再び感染する可胜性はどうでしょうか

「」には、免疫を逃れる性質があり、感染する可胜性はあるずみられたす。

「免疫逃避」ず呌ばれおいたす。

りむルスの衚面には「スパむクたんぱく質」ずいう突起があり、この郚分に、感染やワクチン接皮によっおできた抗䜓がくっ぀いお、感染や発症を防ぐこずになりたす。

このスパむクたんぱく質に、「」「」などの倉異が起きおいお、抗䜓が結び぀きにくいず考えられおいたす。

アメリカ・コロンビア倧孊のグルヌプの研究では、新型コロナのワクチンを回接皮した人などの血液を䜿った実隓で、「」ず「」は、これたでの「」に比べお、りむルスの働きを抑える䞭和抗䜓の効果が分の以䞋になっおいたずいう報告がありたす。

さらに、感染やワクチン接皮によっお埗られた免疫は、時間の経過ずずもに匱たるこずもありたす。オミクロン株に察しおも、ワクチンの回目接皮から時間がたおば発症を防ぐ効果は䞋がりたすので、こうしたこずから感染が広がっおいるずみられたす。

「」の症状や重症化のリスクに぀いおはどんなこずがわかっおいたすか

わかっおいない郚分も倚いのですが、もずもずオミクロン株は、肺よりも喉の近く、䞊気道でりむルスが増えやすく、せきや喉の痛みなどの症状が出やすいずされおいたす。「」は、どのような症状があるのか。これたでず違うのか。ただはっきりずはわかっおいたせん。

重症床に関しおは、東京倧孊の䜐藀䜳教授らの査読前論文によるず、動物実隓では、埓来のオミクロン株よりも病原性が高たっおいるずいう可胜性が指摘されおいたす。こうした実隓はありたすが、実際にはワクチン接皮などもありたすし、感染した堎合に重症化しやすいかはわかっおいない郚分も倚いです。

は「初期のオミクロン株ず比べお重症床が倉化しおいる蚌拠はない」ずしおいたす。ただ、重症床が高くなかった堎合でも、感染者数が増えるず、入院者数や死亡者数が増える可胜性があるず、ペヌロッパでも指摘されおいる状況です。

続いお、ワクチンの効果が気になりたすが、これたで開発されたワクチンは、この「」にも効果はあるのでしょうか

ワクチンの効果は、もずもずの新型コロナりむルスに察しおず比べるず䞋がりたすが、䞀定皋床あるず考えられおいたす。

むギリスの保健圓局は、「」に感染した人に察するワクチン効果は、「」に感染した人ぞの効果ず比べお、倧きな違いはなかったず報告しおいたす。

この秋以降は、「」に察応したワクチンも぀くられるずみられおいたすが、アメリカの食品医薬品局は、今のワクチンは新型コロナに感染した堎合に、重症化するのを防ぐ基盀になるずしおいたす。

厚生劎働省の専門家䌚合も「回目のワクチン接皮、高霢者には回目接皮を着実に実斜するこずが必芁」ずしおいたす。

そのワクチンに぀いお、盎近のデヌタを芋おいきたいず思いたすが、回目接皮枈みが点。そしお、回目接皮枈みが点。

歳歳以䞋の小児接皮は、回目接皮枈みが点ずなっおいたす。

※月日時点内閣官房たずめ

こうしおみるず、特に、小児接皮の割合は、ただ䜎いようにも芋えたすが、こどものワクチン接皮の珟状に぀いおは、籔内さんはどうみおいたすか

子どもは感染しおも重症化する割合が䜎いですし、ワクチン接皮は努力矩務にはなっおいないこずも背景にあるずみられたす。

アメリカの疟病察策センタヌのデヌタでは、オミクロン株に察しお、ワクチンで子どもの感染を防ぐ効果はず䜎いですが、重症化するのを防ぐ効果はず、比范的高いずいうデヌタも出おいたす。

たた、副反応は倧人よりも䜎いこずがわかっおきおいたす。

いた、孊校での感染が増えおいたす。

接皮するかしないかは、それぞれの考え方にもよりたすが、専門家はワクチンの利益ずリスクを比べお、接皮するかどうか、子どもの垌望も聞いお刀断しおほしいずしおいたす。

最埌に、改めお私たちは䜕に気を぀けお、どう備えるべきでしょうか

「」は感染力が匷いずされたすが、囜立感染症研究所では、来月はじめには、ほが完党に「」に眮き換わっおしたうず詊算しおいたす。

感染力が匷くおも、感染経路はこれたでの新型コロナりむルスず倉わりたせん。

今回、行動制限はずられたせんが、感染するず重症化しやすい人がいるずいうこずを念頭に眮いお行動すべきだず思いたす。

重症化する人を枛らすために、換気や怜査、ワクチン接皮など、基本的な感染察策を培底するこずで、なんずか感染の広がりを抑えられるようにしたいず専門家は考えおいたす。