長く着続けられるファッション

NHK
2022年3月23日 午後0:46 公開

流行が目まぐるしく変わるアパレル業界は、大量生産・大量廃棄が大きな課題となってきました。長く着続けられるファッションを確立できないか、さまざまな取り組みが始まっています。

捨てられる服を再生して販売 アパレル大手が新業態

アパレル大手が2月、茨城県茨城町にオープンさせた店舗。店内の一角では売れ残った衣服を染め直して販売していて、シャツやデニム、ジャケットなど30点ほどが並んでいます。

例えば倉庫で眠っていたシャツは黒く染め直されて新たな商品に。本来なら廃棄されていた商品が生まれ変わりました。

買い物客の一人は「すごくいいと思う。もったいないじゃないですか、服捨てるのも処分するのも」と話しました。

店を運営する会社「アドアーリンク」のサーキュラー事業部長を務める高橋朗さんは「今まで捨てられていたり燃やされていたものを、もう一度何かの形で提供できないかと考えて、より格好よくなる、楽しくなる商品を目指していきたい」と話しています。

「NFT」活用 脱・大量生産のビジネスモデルづくり

最新技術を活用して、デザイナーに長く着続けられる服作りをしてもらおうという試みも始まっています。

経済産業省が3月に東京都内で行った展示会。展示された200万円のジャケットには「NFT」というデジタル証明書がついています。ジャケットはデザイナーが3か月ほどかけて製作し、金やプラチナを織り込んだ刺しゅうは手縫いで仕上げました。

NFTには取り引きの記録が残ります。所有者が変わっても情報の上書きは困難で、本物であることの証明ができます。

デザイナーの情報も記録され、転売されるたびに毎回、収益の一部がデザイナーに還元される仕組みをつくることができます。この新たな仕組みで、長く着続けてもらえる服を作るモチベーションにつなげようとしています。

デザイナーの小泉智貴さんは「経済的に保護されることによってデザインとして冒険できることが増える。すごくおもしろいデザインとかデザイナーが増えていくきっかけになるんじゃないか」と話しています。

展示会を主催した経済産業省は今後、このNFTを活用した仕組みをより手の届きやすい商品に広げていければ、大量生産に頼らない新たなビジネスモデルづくりにつながると考えています。

商務・サービスグループの畠山陽二郎審議官は「ビジネスのやり方も変えないと変わっていかない。大量生産モデルよりも(収益が)入ってくる形になれば世の中大きく変わると思っていて、日本の新たな成長の種になるとすごくいいなと期待している」と話しています。

(経済部 記者 野中夕加)

【2022年3月23日放送】

この記事は動画でもご覧いただけます(ココをクリック)

あわせて読む

服から服をつくる “完全循環”の技術とは

エアバッグで服づくり 自動車リサイクル会社が挑戦

自治体×企業 めざせ“ゴミゼロ”

規格外の食材専門の宅配サービス登場