ニュース速報

“古民家”の宿 新スタイルにニーズ

NHK
2021年10月11日 午後1:59 公開

緊急事態宣言は9月に解除されましたが、観光業は厳しい状況が続いています。こうした中、過疎化が進む地域の古民家を使った宿泊施設が注目されています。

「接触避けたい」ニーズにマッチ 1棟貸し切りの宿

200世帯ほどが暮らす山梨県笛吹市芦川町。その一角に築100年、1棟貸し切りの宿があります。空き家となっていた古民家をリノベーションしてモダンな空間を演出しています。

チェックインはタブレットを使って完全非接触で行い、冷蔵庫には食材が準備されています。

経営しているのは、地元出身で、運営会社「るうふ」社長の保要佳江さんです。ふるさとを元気にしたいと、7年前にUターンして事業を立ち上げました。

宿は極力接客を行わず客のプライベートが保てるようにして、保要さんが泊まりたいというスタイルを形にしたといいます。

価格は1人1泊2~3万円。「旅行はしたいけれど人との接触は避けたい」というニーズを捉え、家族や友達連れなどの利用が増えていて、予約率はコロナ前に比べ3割ほど伸びているといいます。

保要さんは「年配の方や小さなお子様がいる家族など、(人との接触を)すごく気にされてくる。ちょうど今の時代にマッチした」と話します。

宿を地元産品の“ショールーム”に

旅行客に向けて、宿の外に出なくても山梨を楽しめる工夫も凝らしています。宿の品々に地元産のものを用いて、“地域のショールーム”にしたのです。

例えば、部屋に置かれたマグカップは老舗瓦店とコラボして作ったもの。ワインは宿の食事に合わせて厳選した山梨産で、地元の人が一目置くワイナリーから入手しました。

こうした品には2次元コードがつけられていて、スマホで読み取ればネットで購入できます。宿で実際に商品を使い、気に入って、お土産として購入する客も増えているそうです。

保要さんは「地域のことをより知ってもらえる。旅行の楽しみが増えるんじゃないか」と話しています。

「思いのある若者が活躍できるブランドに」

保要さんが運営する古民家の宿は山梨県内で6軒にまで増えました。35人いるスタッフの半数がIターンやUターンで移り住んできた人たちで、宿の運営が地域の活性化にも一役買っています。

保要さんは「ここでもちゃんと稼げるし、魅力的な仕事ができるというのを形にしたい。思いのある若い人たちが、その地域でも(活躍)できるブランドを作っていきたい」と話していました。

保要さんは今後5年で宿を20軒ほどに増やすことを目標にしているそうです。

(甲府局 ディレクター 櫻井陽子)

【2021年10月11日放送】

この記事は動画でもご覧いただけます(ココをクリック)

あわせて読む

古民家宿泊施設の“仕掛け人”が語るビジネスチャンス

世界の名所に“行ったつもり”で楽しむビジネス

“非旅行業”へ 日本旅行の挑戦

苦境の航空業界 出向者はいま

釣った魚が地域通貨に 地方経済を盛り上げろ