ニュース速報
中国アパレルブランド 日本進出の舞台裏
NHK
2021年4月22日 午後12:22 公開

2月末、日本のデパートに初めて中国のアパレルブランドが出店。その存在によって、日本企業がビジネスチャンスを獲得しています。

日本製の素材を多く使う中国ブランド

東京・銀座にある老舗デパートの松屋銀座。紳士服売り場に、中国のブランド「DAN NONG(ダンノン・単農)」の店舗が新たにオープンしました。ブランドは8年前に中国・広州で生まれ、中国国内で100店舗以上を展開。ITエンジニアやアーティストなどファッションにこだわりを持つ人の人気を集めています。

品質を支えているのが、日本製の素材です。例えば2万4000円のジャケットには、愛知県の会社が開発した、横糸に和紙を使った素材が使われています。

このデパートは、コロナ禍でスーツの売り上げが落ち込む中、カジュアルを強化して販売増を図りたいと考えていました。営業四部の鈴木健一部長は「洗練された感じとか日本の素材を多く使っているというところで、この商品であれば私どものお客様にきっと評価をいただけるんじゃないか」と考えたといいます。

このブランドは2020年に日本に進出。高級ブランドが集まる東京・南青山にも店を構えています。シンプルでこだわりの素材を使うコンセプトが、日本人に受け入れられると考えました。

ダンノンの季男さんは「われわれのコンセプトは実は日本市場にぴったり合う。多くの日本人が店舗を訪れた時、中国発のブランドだと知ったら驚いた。これからもチャンスがあれば店舗の数を増やしたい」と話しました。

地方の繊維メーカーにビジネスチャンス

この中国アパレルブランドの存在が、地方の企業の飛躍にもつながっています。石川県中能登町にある繊維メーカーの「丸井織物」は3年前、初めてこのブランドとの取り引きを始めました。

この会社はポリエステル生地の生産を得意とし、これまで製品のほとんどを国内メーカーに卸してきました。しかし国内のアパレル市場が縮小する中、会社の将来に危機感を持ち、新たな生地を開発。軽くて、速乾性が長続きするという生地の機能性に興味を示してきたのが、中国ブランドでした。取引量は年々増加し、この3年間で5倍以上に伸びています。

会社では今後、ほかの中国の新しいブランドにも生地を売り込んでいきたいと考えています。宮本米藏副社長は「中国との商売は日本と1桁違う。ここからスタートのつもりで中国への展開をしていきたい」と話しています。

この中国ブランドは、静岡県や和歌山県などの企業からも素材を仕入れていて、商品の半数以上で日本製の素材を採用しているということです。

(経済部 記者 茂木里美)

【2021年4月22日放送】

動画はこちら