ニュース速報

コロナ禍でネコ動画が拓く新たな世界

NHK
2021年6月23日 午後0:32 公開

コロナ禍でネコ動画に変化が???

寝落ちしてしまいそうなネコ。

パソコンのキーボードで寝てしまうネコ。

皆さんは、最近、ネコ動画を見る機会が増えていませんか。

ステイホームやテレワーク、新型コロナの影響で新たな生活様式が始まって1年以上。
ネコとの時間が増えた飼い主たちは、ネコの何気ない日常を撮る機会が増え、ついついスマートフォンやパソコンのフォルダがネコ動画でいっぱいに…。

教育サービス大手によるネコを飼い始めた人を対象にしたアンケート調査では、ネコの写真や動画を撮影したり、SNSなどに投稿したりする人が増えています。

《愛犬・愛猫を飼いはじめて変わったことはありますか?》
▼写真や動画を撮影する機会が増えた      ・・・68.5%
▼SNSなどに写真や動画をアップする機会が増えた ・・・36.7%
(ベネッセ「いぬ・ねこのきもちWEB MAGAZINE」調べ)

ペット動画メディア運営会社 事業推進本部 本部長 横山和実さん

さらに、ネコとの時間が増えたことで、すくっと立ち上がる姿や人前でも寝てしまう姿など、ネコの意外な生態や決定的瞬間をとらえることができるようになり、ネコ動画は見る人も撮る人も増えていると、ペット動画メディアを運営する会社の担当者はいいます。

ペット動画メディア運営会社 事業推進本部 本部長 横山和実さん 「従来であれば、土日などの休日にしか、ネコとゆっくりした時間は取れませんでしたが、コロナ禍で在宅勤務となり、業務中もネコといられることで、ネコとパソコンがらみのシーンなど貴重なシーンや珍しいシーンが撮れたりする機会が増えています。ネコは警戒心が強いところがありますが、ネコとの時間が長くなったことで、寝落ちしてしまうネコの動画が撮れたり、ネコも完全に安心しきっているからこそ、撮影できているものもあります」

コロナでもさみしくない!ネコ動画が拓く新たな世界

9か月前からネコを飼い始めたnicodiaryさん

ステイホームや在宅勤務で、外出する機会が減っている一方で、
ネコと一緒にいる時間が増えたことで、新たな世界が広がっているという人たちも出てきています。

去年から在宅勤務を続けている、nicodiaryさんです。
以前は、仕事帰りに買い物や外食を楽しんだり、長期休暇では海外旅行に出かけたりしていました。しかし、新型コロナの感染拡大によって、その生活が180度も変わってしまいまいました。
在宅勤務が中心となったことで、もともと飼いたかったネコを飼うことに。それが彼女の人生を大きく変えます。

9か月前に「マンチカン」のにこちゃん(オス)を飼い始めました。
それ以来、日課はにこちゃんの動画撮影です。

「本当に朝からよる寝るまで、常にネコを撮影するチャンスを狙っています。雷が鳴ってその音にびっくりしてぴょこっと立ったり、ボールをくわえていて、水の中にぽちゃんと落としちゃったりとか、かわいい瞬間や面白い瞬間を逃さないように、常にスマホを近くに置いています。9か月で多分6000本以上…。スマホのフォルダがいっぱいなので、毎日撮って保存するのだけを選んで、削除しながら日々撮ってって感じですね」

nicodiaryさんは、毎日撮影するにこちゃんの動画をインスタグラムに投稿し始めました。
すると、その動画が大反響。始めて9か月でフォロワーは1万5千人に。しかもフォロワーの半分以上は海外の人たちということで、慣れない英語を駆使しながらも、返信するなど、コロナで直接会う人との交流は減りましたが、SNS上では、多くの人とつながることができるようになったといいます。

さらに、新たな活躍の場も生まれています。
nicodiaryさんが投稿した動画がペットのwebマガジンで紹介されたことがきっかけで、にこちゃんの記事を執筆する「ねこライター」の活動を始めることにもなりました。

「かなり私の想像をはるかに超えるたくさんの方がフォローしてくださっています。ネコの便利なアイテムや、ごはんのこと、病気のこと、病院選びなど、いろんな情報交換をさせてもらっています。海外の人とのやりとりも多くて、かなり世界が広がっている感じはありますね。さびしいみたいなことはないですし、逆にもう忙しすぎるぐらいにぎやかな毎日に変わりました」

コロナ禍で一変した私たちの生活ですが、ネコによって企業のコミュニケーションに効果も。
詳しくは、6月24日(木)朝7時からお伝えします。是非ご覧ください。
NHKプラスでもお伝えしますので、見逃した方はこちらからも。

(配信は放送から1週間)

(おはよう日本 ディレクター 鈴木俊治)

【2021年6月24日放送】