「オバケたいさん 退散や」

月光町に見知らぬ男がやってきた。彼(かれ)の名前は「退散(たいさん)や」。この世(よ)にはびこるオバケたちを、あの世に送(おく)って送って送りまくるのが仕事(しごと)なのだ。あやしげなニオイに引きよせられて、リニューアル準備中(じゅんびちゅう)のオバケ屋敷(やしき)に入った退散や。館長(かんちょう)さんとおじゃる丸たちを前に、カッコよくオバケをあの世へ送ろうとするが…。