「あ・そ・ぎゅ~」のポイント「冒険」バージョン

NHK
2022年3月30日 午前10:23 公開

「あ・そ・ぎゅ~」親子体操のポイントを紹介します。今回は冒険バージョンです。
「あ・そ・ぎゅ~」コーナーの監修を担当している、第10代体操のお兄さん、佐藤弘道さんが、このコーナーで紹介している親子体操の意味と注意点をお伝えします。それぞれの動きは放送でご確認ください。

「あ・そ・ぎゅ~」について

一本橋

親はうつ伏せになります。お子さんが太ももから背中に立つ・渡るだけでマッサージ効果があります。お子さんは、不安定な場所に立つ・渡ることで平衡感覚を養います。

注意点・・・この遊びは、あくまでも大人と子どもの遊びです。子ども同士で行うのは危険ですので、兄弟・姉妹だけではさせないように、親が注意をしてください。

大きな扉

大人が大きな扉となり、子どもが押して開けます。親は膝立ちになって、子どもは親の肩・胸の部分に手を添えて押します。親は筋力を高め、子どもも全身の筋力を高めます。

注意点・・・親は押し倒される際は、くれぐれも膝の怪我に気を付けてください。倒れる際は、ご自分の膝を守るように倒れましょう。

宝箱

お姉さんは両手で宝箱を表現しています。兄弟・姉妹が入る際は、お互いに力を合わせて協力をすることで、協調性を養います。

お兄さんは足の力で宝箱を表現しています。腕よりも足の方が力が強いので、子どもにとっては更に力が必要です。お子さんが力を合わせて、お兄さんの足の宝箱を開けることで、仲間意識も高まり、更に協調性を養います。

ただ、この遊びは親対子(1対1)でも十分楽しめますし、お友だち同士でも楽しめます。親は腕や胸の筋肉に刺激を与え、足は内側の筋肉に刺激を与え、引き締め効果があります。子どもは全身の筋力を高めます。

注意点・・・親が弱すぎたり強すぎたりすると、お子さんはすぐに飽きてしまいます。お子さんが楽しめるように言葉掛けをし、「やる気」を出せるように楽しんでください。