ニュース速報

    N響第1930回定期公演

    N響第1930回定期公演▽指揮は巨匠クリストフ・エッシェンバッハ▽交響曲第2番ハ短調「復活」~マーラー▽ソリストは藤村実穂子(メゾ・ソプラノ)ほか クリストフ・エッシェンバッハは1940年に生まれ。ピアニストとしてクララ・ハスキル国際ピアノ・コンクールで優勝するなど、国際的な活躍を展開しながら、名指揮者のセルやカラヤンらの支援を受け、30代半ばから指揮活動に力を入れるようになりました。チューリヒ・トーンハレ管弦楽団やフィラデルフィア管弦楽団、パリ管弦楽団などで要職を歴任した巨匠です。今回は、敬愛するマーラーの大曲「復活」にN響と挑みます。