ニュース速報

    N響第1927回定期公演

    N響第1927回定期公演▽指揮は次代を担う若手指揮者・鈴木優人▽メシアン、ブロッホ、コレッリ、メンデルスゾーン▽コンサートの後は、トン・コープマンのオルガン 鈴木優人は1981年生まれ。指揮だけでなく、作曲家、オルガンやチェンバロの演奏家、音楽祭のプロデューサーとしても活躍しています。N響定期デビューとなる今回は、バロックから現代までの宗教音楽がテーマ。メシアン「忘れられたささげもの」、コレッリ「クリスマス協奏曲」、メンデルスゾーンの交響曲第5番「宗教改革」が並びます。チェロの俊英ニコラ・アルトシュテットがソリストを務めるブロッホ作品も注目です。