「“出口が見えない”物価高・円安・コロナに苦しむ町工場」

初回放送日:2023年1月20日

物価高・円安・コロナの影響で今、中小製造業が苦境に。原材料価格高騰を十分に売値に転嫁できていない実態が明らかに。中小企業同士が仕事を融通し合う仕組みにも亀裂が。 物価高・円安・コロナの影響で今、苦境に陥る企業が増えている。近畿の去年12月の倒産は155件と前年同月比3か月連続増加。特に深刻なのが中小製造業。鉄や樹脂などの原材料価格の高騰を十分に売値に転嫁できていない実態が浮かび上がってきた。さらに、中小企業同士がお互いに仕事を融通し合ってきた仕組みも「我が身を守るのが先」と崩れ始めている。大阪の中小製造業の実態と支援に乗り出した金融機関の取り組みを追う。