「遺族たちの“その後” 大阪・クリニック放火事件から1年」

初回放送日:2022年12月9日

大阪・北区の「クリニック放火事件」からまもなく1年。事件そのものの悲しみに加え、“事件のあと”も二重三重に苦しむ遺族の思いを通して、私たちが何をできるか考える。 患者や医師など、26人の命が奪われた大阪・北区の「クリニック放火事件」からまもなく1年。夫を失った遺族の女性は、事件のあと、夫が無収入だったことで経済的支援が低く見積もられる実態や、SNSで拡散した元患者への誹謗中傷によってさらに追い詰められたと語った。一方、メンタルに苦しむ人たちへの社会の視線を少しでも変えたいと動き出した遺族もいる。事件の“その後”を通じて、私たちに何ができるかを考えていく。