(25)「マースドン荘の惨劇」

世界が愛した名探偵、エルキュール・ポワロ。アガサ・クリスティー原作の人気シリーズ。ポワロとヘイスティングスは、ある古い館の主人が急死した事件に巻き込まれる。 ロンドンから遠く離れた村のホテルにやって来たポワロとヘイスティングス。ホテルの主人から殺人事件の調査を依頼されたのだ。だが事件というのはミステリー好きの主人が書いた小説の話だった。怒って帰ろうとしたポワロだったが、村で一番古い館で、幽霊が出るとうわさのあるマースドン荘の主人が急死する事件に巻き込まれる。