ニュース速報

    (66)「象は忘れない」

    【アガサ・クリスティー原作の人気シリーズ最終章】 13年前の夫婦心中事件とある教授の溺死事件。無関係に思われた二つの事件は、誰もが想像しない形でつながっていた。 ポワロは旧友ウィロビー博士の連絡を受け、彼の研究所へ向かう。著名な教授である博士の父が、自ら開発した治療用の浴槽で溺死していたのだ。一方、作家のオリヴァがポワロに協力を求めてくる。名付け親になった女性の両親が謎の死を遂げており、それを解明したいという。ウィロビーの事件で手いっぱいのポワロだったが、やがて2つの事件には関連があることがわかる。