夏帽子をリメイク!フリンジポーチ
編み地の夏帽子を、編み目のすき間にひもを通してきゅっと絞ると、ポーチになるよ!いろんなひもを組み合わせて三つ編みして持ち手にしよう。端をふさふさのフリンジにすればトレンド感いっぱい。

材料・原料

  • Tシャツ、編み物用の糸など(持ち手用)、ひも、ループエンド、帽子(編み地のタイプ)

道具

  • ヘアピン、安全ピン、輪ゴム、太めのペン、ハサミ、定規

作り方

汗止めテープをはずす

帽子に汗止めテープがついている場合は、糸を切って、テープを引っ張って外します。

中心の目印の安全ピンをつける

帽子を平らにつぶして 二つ折りにした折り目に、安全ピンをつけ、反対側(裏側)にも同じようにつけます。このピンが持ち手やひもをつける場所を決めるときの基準になります。

帽子をしぼるひもをカットする

帽子をしぼるひもを110cmの長さにカットします。ひもを編み地に通しやすくするため、端にヘアピンをつけます。

ひもを編み地に通す

目印の安全ピンの横1㎝のところから、通します。

ひもを一周通す

帽子の編み目の段にそって、なみ縫いをするように5cmおきにひもを通します。最後は安全ピンの横1cm手前にひもを出すようにします。

Tシャツからひもを作る

すその折り返し部分(赤い所)を切り落とし、すそから横方向に2cm幅でカットします。カットしたTシャツを軽く引っ張ると、端が丸まってひもっぽくなります。

ひも12本×2組用意する

持ち手1本につき120cmのひもを12本、それを2組用意します。Tシャツから作ったひものほか、編み物用など色々な素材の糸を混ぜるとおしゃれな雰囲気になります。

ひもを結んで束ねる

持ち手になるひもの束を、端から20cmのところで結び目を作り、ひとつにまとめます。

持ち手を通す場所を決める

安全ピンから6cm横、ひもを通した編み目から2段ほど上の編み目のすき間に、帽子の上(外側)から通します。

ひもを通す穴をつくる

12本のひもを一度に通せるように、太いペンなどを使って 目のすき間を広げます。

持ち手のひもを通す

帽子の外側から、結び目と反対側の端をまとめて穴に通し、結び目のところまで引っ張ります。帽子の外側に、長いフリンジが出る形になります。

持ち手のひもで三つ編みをする

12本のひもを4本ずつに分け、35cmの長さまで三つ編みします。編み終わりは輪ゴムで留めておきます。

持ち手の反対側を帽子に通す

安全ピンを中心にして、最初の穴と左右対称の位置に編み目の穴を広げて持ち手の端を通し、輪ゴムのところで結び目を作ってとめます。同じようにして反対側にもう一本の持ち手をつけます。最後にフリンジの端を好きな長さにカットします。

ループエンドをつける

帽子をしぼるひもの端に、ループエンドをつけます。

完成!

完成です!