藤の花イヤリング
小さな紫の花が連なって風に揺れるような、可憐なイヤリング。藤の花はクリアホルダーにマスキングテープを貼って、円形に切ったものを四つ折りにして作ります。身近な材料だから、ぜひ作ってみてね!

材料・原料

  • クリアホルダー、マスキングテープ、ビーズ(大・小)、丸カン、リボン留め、ワイヤー、チェーン、イヤリングパーツ

道具

  • ハサミ、ペンチ、定規

作り方

クリアホルダーを切る

クリアホルダーのつながっている部分をL字に切って2枚にします。そのうちの1枚で花を作ります。

クリアホルダーにマスキングテープを貼る

幅3cmを目安に貼ります。

3×3cmの正方形にカットする

正方形1個が、花1個になります。イヤリング左右1組で合計10個カットします。

丸くカットする

だいたい丸くなるように、フリーハンドで切ります。

花の形に折る①

折り線は中心をずらして、端から3分の1くらいのところを折ります。

花の形に折る②

さらに縦に二つ折りします。ぴったり重ねずにずらして折ると、花らしくなります。

リボン留めで固定する

折り曲げた頂点にリボン留めをかぶせて、ペンチで閉じます。ペンチがなければ、定規などで机に押し当てます。

片方に5個の花を作る

イヤリングの左右で10個の花を作ります。

ワイヤーをカットする

つぼみのパーツを作ります。ワイヤーを15cmに、4本カットします。

ワイヤーに小さめのビーズを通す

ビーズをワイヤーの中ほどにもっていき、そこからワイヤーを折り曲げて先をそろえておきます。

大きめのビーズを通す

大きめのビーズを、2本そろえたワイヤーに通します。

ワイヤーをねじって1本にまとめる

2本をはしまでねじり合わせます。

ビーズのきわに ワイヤーで輪をつくる

ビーズのキワでワイヤーを曲げて直径5mmの輪にして、そのまま3回巻きつけて輪を固定します。 赤い点線のところでワイヤーをカットします。

ワイヤーのはしをペンチでなじませる

ワイヤーのはし(切り口)が飛び出ていると危ないので、巻いた部分に沿わせてなじませます。ペンチがなければ、ハサミの平らなところなどを押しつけます。

片方につき4個のつぼみパーツをつくる

左右で8個作ります。

チェーンを6cmにカットする

イヤリングに組み立てます。チェーンを6cmにカットします。(イヤリング左右で2本)

イヤリングパーツをチェーンにつける

イヤリングパーツを、ワイヤーのはしに丸カンでつなげます。

一番下の花をチェーンにつける

金具を付けたチェーンの反対側のはしに、丸カンで花をつけます。

2個目の花をつける

2個目は、イヤリングパーツのすぐ下につけるとバランスがいいです。

残りの花をつける

残りの3個はバランスを見て間につけます。

つぼみパーツを丸カンでつなぐ

つぼみパーツを丸カンで花の間につけます。

完成!

完成です。