ニュース速報

「鍛えてこそ、本物になる〜刀鍛冶・吉原義人〜」

その美しさを求めて国内外から注文が殺到し、1本数百万円の値がつく現代最高峰の日本刀がある。作るのは当代一の刀鍛冶・吉原義人(78)。「鍛錬」「火造り」「焼き入れ」など千年以上前から伝わるいにしえの技で、鋼から究極の“宝物”を作り出す。原料の玉鋼という鉄の塊から、まるで魔法のように名刀が生まれるまでの4か月を記録。後継者だった息子の死や自身の病を乗り越え、今なお高い頂を目指し続ける吉原の流儀に迫る。