ニュース速報

「泣けど、ボヤけど、闘う者たち」

カリスマ美容師・高木琢也が泣いていた。新喜劇座長・小籔千豊がボヤいていた。銀座クラブのママ・白坂亜紀は奔走していた。あのプロフェッショナルたちは、未曽有の危機にどう立ち向かったのか。キャンセル続出で美容室は大赤字。高木がスタッフを集めて語ったこととは?舞台上もソーシャルディスタンス。制約を逆手にとって小籔が繰り出した笑いとは?頭をひねり、手を尽くし…5か月にわたる知られざる記録。特別編。