ニュース速報

    「苦しいときも一緒に、だから...〜虐待・貧困支援 高橋亜美〜」

    虐待で心に刻まれた傷。その痛みに孤独に耐える人がいる。そんな人たちを支えるために日夜奔走する高橋亜美(46)に密着。#虐待を考えるキャンペーン児童虐待の相談件数が過去最高値を更新するなか、大人になってなお、かつて受けた虐待の傷に苦しむ人がいる。高橋亜美(46)はそうした人を支援してきた第一人者。相談者と向き合い、寄り添い続ける。「支援にゴールはない」と言い切る彼女には壮絶な過去があった。虐待を受け、「死にたい」と思い詰めた幼き日。そのとき見つけた希望の灯とは…。#もしかしてしんどい? #虐待を考えるキャンペーン