ニュース速報

「一節入魂、己を込める〜鰹(かつお)節職人・瀬﨑祐介〜」

キロ3万3千円、史上最高額の値が付いたかつお節の作り手が鹿児島県枕崎にいる。瀬﨑祐介(40)が生み出すその味は国内はおろか世界の名だたる三つ星シェフをも魅了してきた。手がけるのは日本古来の本枯節。半年近い時間をかけうまみを凝縮したその節には宝石のような光沢が宿り、ひとたび出汁(だし)をひけば食材の魅力を何倍にも引き立てる。かつて己の弱さと向き合えず逃げ出そうとした過去。若き求道者の迷いと成長の物語