(22)

    高句麗(コグリョ)で、国を守るために戦う王女と純朴な青年の真実の愛の物語、最終回。ピョンガンは敵国の王を暗殺しに向かう。ピョンガン、タル、コン、モヨンの運命は? 阿旦(アダン)山城を奪還したピョンガンとタル。だが、新羅(シルラ)の国王が率いる敵の軍が迫り、明朝までに投降せねば皆殺しにするという書状が届く。タルは城の守りを自分に任せて都に戻るようピョンガンを説得し、送り出す。しかしピョンガンは都へ戻らず、新羅の国王を暗殺するために1人で敵の陣営に忍び込む。新羅軍の後を追ってきたコンがピョンガンに気づき…。翌朝、タルは新羅の伝令が届けた書状と品物を見て驚く。