お知らせ

  • 山田太一の世界へようこそ!
  • ◆朗読・篠田三郎さんからのコメント

これからのエピソード

最近放送したエピソード

この番組について

★「異人たちとの夏」(新潮文庫 令和3年版)全30回予定 朗読:篠田 三郎 妻子と別れ、孤独な日々を送っている主人公の中年シナリオライターがある日、彼が幼いころに死別した父母とそっくりな夫婦に出逢うところから話しは始まる。舞台は彼の出生の地、浅草。こみあげてくる懐かしさ、心安らぐ彼らとの不思議な団らんが彼を異界の体験にどんどん導いてゆき、止まらなくなる。しかし、のめり込む彼に異常を感じ『もう決して彼らとは会わないで!』と懇願する恋人にも従わず、彼は現存するはずのない父母に会いにまた浅草に出向いて行く。 後半は、静か過ぎる都会のひと夏、異界の人々との触れ合いをリアルに、また鬼気迫る筆致で描かれ、一気に主人公は結末に向かって突き進む。 脚本家山田太一の独自の小説世界は、生と死を巡る不思議な感動を呼ぶと同時に現代社会に対する鋭い文明批評に溢れているようだ。 第一回山本周五郎賞受賞作品。 朗 読 : 篠田 三郎(しのだ さぶろう) 大映東京撮影所第18期ニューフェース。大映「雁」でデビュー。2020年1月10日より劇団民藝青山事務所所属。 ★山田 太一(やまだ たいち) 1934年東京・浅草生まれ。本名:石坂太一。早稲田大学を経て松竹で木下恵介の助監督になり、その後TVドラマの脚本家に転身する。以後、上記のような話題作を次々と生み出し多くの賞を受けた。その後小説家としての地位も確立。2023年11月、89歳で他界した。

出演者・キャストほか

  • 朗読
    篠田 三郎

放送

  • NHK FM
    毎週月曜~金曜 午後9時15分

関連リンク