『新選組傑作短編集』(全6回)11月26日~放送

NHK
2023年9月27日 午後5:00 公開

~時代の変わり目を駆け抜けた剣士たち その光と影のアンソロジー~

【ラジオ第1】

 2023年11月26日~12月24日・2024年1月7日 日曜 午後7時20分~午後7時50分

※当初の放送予定から繰り延べになりました。

  ★「聴き逃し」配信あり(放送から1週間)

【出演者】

西田敏行 竹下景子

【原作】

司馬遼太郎「沖田総司の恋」

池波正太郎「色」

早乙女貢「散りてあとなき」

井上友一郎「武田観柳斎」

子母澤寛「流山の朝」

船山馨「薄野心中」

【脚色】

田中攝 古川壬生

【音楽】

日高哲英

【スタッフ】

制作統括:藤井靖

技術:木本耕平 山田顕隆

音響効果:太田岳二

演出:川口泰典

【あらすじ】

結成から160年、「新選組」を題材にした短編作品を6篇、歴史小説や娯楽小説の大家6人の作品から取り上げアンソロジーとしてお届けする。

幕末の京都で華々しく活動した「新選組」は、文久3(1863)年に結成された。激動の時代に剣客集団として光芒を放ち、それぞれの運命とともに散っていった彼らの姿を描く。

天才剣士が抱く淡い慕情が切ない「沖田総司の恋」、厳しく隊を統括する土方歳三の秘めた想いを描く「色」、鬼の新選組局長として恐れられた近藤勇の死に赴くまでの心境を、土方の生き方と対比して浮き彫りにする「流山の朝」。他に「散りてあとなき」「武田観柳斎」「薄野心中」の全6回。

第1回 司馬遼太郎「沖田総司の恋」

第2回 池波正太郎「色」

第3回 早乙女貢「散りてあとなき」

第4回 井上友一郎「武田観柳斎」

第5回 子母澤寛「流山の朝」

最終回 船山馨「薄野心中」