『小夜嵐(さよあらし)』に出演のきゃんひとみさん

NHK
2022年7月7日 午後5:00 公開

きゃんひとみさんは、毎年6月、沖縄で開かれる「うたの日」コンサートの司会を務めています。私・小見山も梅雨の開けた照り付ける太陽の下、まさに燃えるようなコンサートを何度か拝見しました。コロナで開催できない年が続き残念ですが、ラジオドラマのきゃんさんも素敵です。ただし嵐の中ですけど!

【きゃんひとみさんメッセージ】

私の役は南の島のホテルの支配人吉沢。

他の出演者の皆さんはご夫婦役なので「私だけひとりぼっち?」なんて冗談を言いながら本読みがスタート。実は皆さんと初対面でものすごく緊張していたのです!笑。

本読みでは「うん!あるある!こういう事!」と何度も頷きながら、それぞれの夫婦の会話に聞き入っていました。そして私が演じる吉沢支配人は、きっと「お客さんの喜ぶ顔が見たい!笑顔が見たい!」それ一心のちょっぴりおせっかいで涙もろい人物。毎回バタバタと登場する吉沢支配人にも注目してください。日色さん平泉さん演じる熟年夫婦には胸が熱くなり思わず涙が溢れ出てきました!私もこんな夫婦でいたいと思いました!

ギリギリまでセリフ入れ替えたり付け加えたりと、スタッフの熱い想いのつまった「小夜嵐」ぜひお聞きください!あなたの人生のヒントになるかもしれません!私の頭の中はずっと、close to you ♪ (きゃんひとみ)

(出演者集合写真 左端・きゃんひとみさん  ※撮影時のみマスクを外しています)

『小夜嵐(さよあらし)』

 ~遥かなる影のように、どんな時もあなたのそばに一緒にいたい。~

【NHK FM】

2022年7月16日(土)午後10時~午後10時50分(全1回)

 ★「聴き逃し」配信あり(放送から1週間)

【出演者】

日色ともゑ 平泉成 髙嶋政宏 彩乃かなみ

篠山輝信 宮澤エマ きゃんひとみ

【作】

伴一彦

【音楽】

村井秀清

【スタッフ】  

制作統括:藤井靖

技術:山田美慧

音響効果:野村知成

演出:小見山佳典

【あらすじ】

コロナは多くの人の人生を変えた。お互いの心に亀裂が生まれることもある。人が互いに理解しあえないのは言葉が足りないからだけではない。時に通りすがりの人との対話が事態を変化させる事もある。ユーモラスでちょっとサスペンスフル。意外で、あり得ない展開の末、たどり着くのは…。これは、人生の旅路を感じさせる物語です。

(この物語の登場人物)

松本辰也(篠山輝信)と佳奈(宮澤エマ)の夫婦は、コロナで一緒にいる時間が増え、そのせいか相手のアラばかりが目につく。

広瀬真人(髙嶋政宏)とレイ(彩乃かなみ)の夫婦は、コロナで一緒にいる時間が減り、疑心暗鬼になり、己だけが損していると思う。

柳井秀一(平泉成)と小夜子(日色ともゑ)の夫婦は、コロナで変わることはないが、最後にもう一度、人生を見つめ直したいと思う。