『傑作が落ちてくる』(5月28日放送)

NHK
2022年4月20日 午後5:00 公開

第50回創作ラジオドラマ大賞佳作

『傑作が落ちてくる』

~階段を落ちる=小説が…書ける!?~

【NHK FM】

2022年5月28日 午後10時~午後10時50分(全1回)

 ★「聴き逃し」配信あり(放送から1週間)

【出演者】

玉置玲央 森田想 長村航希

湯浅浩史 田口主将 市橋恵   

【作】

杉原大吾

【音楽】

冬野ユミ

【スタッフ】

制作統括:藤井靖

技術:水出萌映子

音響効果:石川恭男

演出:佐藤譲

【あらすじ】

第50回創作ラジオドラマ大賞の佳作受賞作品をドラマ化——

阿部悠介(33)は「ヒモ」である。定職につことなく、恋人の千尋(29)食わせてもらっている。自他ともに認めるクズ男だ。

ある日、悠介は酔っぱらって階段を転げ落ちる。ボロボロのフラフラで帰宅すると、どういうわけか…… 一篇の小説を書き上げてしまう!

出版社に勤めている後輩の一ノ瀬(30)を呼び出す。一ノ瀬は悠介の小説を一読して「傑作」だと断言。印税が「ガッポガッポ」入ってくると思いこんだ悠介は、競馬場で散財しているところを借金取りに捕まり、階段から突き落とされ、そして…二作目の傑作小説を書いてしまう。どういう理由か悠介は、階段を落ちると無意識に「傑作」を書き上げるという特殊能力を手に入れたのだ。やがて、悠介の作品の出版が決まり…

突然の幸運に振り回され、欲望に追い立てられるクズ男の運命は!?