『太陽の城 月の砦』 桜咲彩花さん

NHK
2024年2月21日 午後4:00 公開

2/26(月)から2週にわたって放送の『太陽の城 月の砦』、出演者の皆さんのメッセージをお届けしています。

【桜咲彩花さん】メッセージ

大好きな現場、また新たなる世界へ飛び込ませて頂きました!

今回の物語は史実の人物たちが多く登場します。

時を越え、こうして物語を通して出逢えること。実際にこの世を生きていたのだと各人物に思いを馳せると何だか特別な気持ちになります。

私が演じさせて頂いたのはフェイルーズという1人の女性。

この乱世の中で生きる為、

彼女の心の内に燃えたぎる炎、

ラジオ越しに感じて頂けますよう…!

個人的には演じてみたいと思っていた役柄、出逢う事が出来てとても嬉しく思います。

中村小夜さんの『太陽の城 月の砦』

沢山の方にこの世界を共に旅して頂けたら嬉しいです!

どうぞお楽しみに!


桜咲彩花さんに今回お願いしたのは、後宮で〈アレッポの宝石〉と異名をとる王妃フェイルーズ役。マフムード王の寵愛を受ける新参の妃アーミナに嫉妬を燃やす、もう一人のヒロインと言っても良い存在です。

東洋を舞台にした時代ものの宮廷劇に登場しそうな状況設定に、以前インタビュー記事で桜咲さんが、韓国ドラマがお好きとおっしゃっていたことを思い出し、『黒い瞳のボヘミアン』(2022年放送)に続いて華優希さんとの黄金タッグを組んでいただきました。

メッセージに「演じてみたいと思っていた役柄」と書いていただけたことに安堵するとともに、感情の炎に身を焼きながらも誇り高く、決して品格を失わないフェイルーズ様を造形してくださったことに衷心より感謝申し上げます。

『太陽の城 月の砦』(全10回)

~お望みどおり、いつかこの手で殺してあげる。~

【NHK FM】

2024年2月26日(月)~3月1日(金) 午後9時30分~午後9時45分(1-5回)

2024年3月4日(月)~3月8日(金) 午後9時30分~午後9時45分(6-10回)

★「聴き逃し」配信あり(放送から1週間)

【出演者】

華優希 上口耕平 横田栄司 彩吹真央

藤岡正明 桜咲彩花 酒向芳 横山賀三

山賀教弘 高松潤 竹下天馬

【作】

中村小夜

【音楽】

日高哲英

【スタッフ】

技術:木本耕平 林晃広

音響効果:加藤直正 白井大智

制作統括と演出:藤井靖

【あらすじ】

十二世紀。地中海の東の地シリア。イスラーム世界では、武力でのしあがってきた王者や将軍が群雄割拠して争いを繰り広げていた。そこに押し寄せたキリスト教徒の十字軍が、エルサレムに王国を築いてから半世紀。東西の勢力が入り乱れる中、〈ダマスカスの花嫁〉と呼ばれるアーミナ(華優希)は、政略結婚のためシリアのザンギー朝の君主マフムード(横田栄司)のもとへ嫁いでいた。そこへ故郷ダマスカスからユーセフ(上口耕平)という若者がマフムードに仕官すべく訪れたことからアーミナの人生は大きくうねり始める……。

後の世に語り継がれるイスラ―ムの英雄たちと運命を分かち合いながら、自らの意志と力で生きようとした一人の女性の物語。