ニュース速報

最新のエピソード

Eテレ
10月21日(水) 午前0:25 午前0:50

今回はモスクワの地下鉄を紹介する。多くの路線が走るモスクワの地下鉄は、観光客にとっても便利な交通手段だ。また「地下宮殿」と形容されるほど豪華な内装の駅が多いことでも知られている。ターニャおすすめの地下鉄の駅を巡りながら、行き方がわからないときに書いてもらうための「書いてください」、乗ろうとしている地下鉄がちゃんと目的地に行くことを確認するための「~駅まで行きますか?」といったフレーズを覚える。

    次回のエピソード

    • Eテレ
      10月28日(水) 午前0:25 午前0:50

      今回は、ロシア料理を気軽に味わうことができるセルフサービス式のレストランへ。指で差しながら「これをもらえますか?」と簡単なフレーズを言うだけで注文できるので、ロシア語に自信がない人でも安心。「もうちょっと少なくしてください」という言い方も覚えておけば便利です。さらにパンやお総菜が豊富なデリカテッセンへ。買ったものをテイクアウトしたいときのフレーズや、「あと~もお願いします」という表現を覚えましょう

      10月28日ほか 放送予定へ

      この番組について

      現地の最新映像とアニメで学ぶ、スタイリッシュなロシア語番組。番組リポーターのターニャ、ヴィーカと一緒に街歩きを楽しみながら、旅で役立つ便利なロシア語の表現と、ロシア語の文字や単語を覚えていきます。

      • モスクワ編リポーター Татьяна Тимакова(タチアナ・ティマコワ) (会社員)

        モスクワ郊外ジューコフスキー市出身。モスクワの外国語大学で英語とドイツ語を学ぶ。インターンシップのためにモスクワの日本企業に入り、2015年4月より日本で2年間研修。日本語と日本文化を学ぶ。現在はモスクワで働いている。バレエの経験があり、現在の趣味はダンス、お菓子作り、外国語学習、旅行など。ジョギング、ヨガ、スポーツジム通いを日常的に楽しんでいる。愛称はターニャ。

      • サンクトペテルブルク編リポーター Виктория Вагнер(ヴィクトリヤ・ワーグネル) (大学生)

        サンクトペテルブルク出身。一時ノヴォシビリスクに暮らす。サンクトペテルブルク国立産業テクノロジー大学で服飾デザインを学んでいる。祖父はヴォルガ川の中流域に移住したヴォルガ・ドイツ人。日本文化に興味があり、日本語学校にも通っている。日本のアニメやアートを参考にデザインをすることが好きで、画家の奈良美智の大ファンでもある。音楽を聴くのも好きで、お気に入りのひとつは1950年代のアメリカンロック。愛称はヴィーカ。

      • 講師・声の出演 前田和泉 (東京外国語大学教授)

        東京外国語大学教授。神奈川県生まれ。専門は近現代ロシアの文学と文化(特に20世紀ロシア詩)。著書は「マリーナ・ツヴェターエヴァ」(未知谷)、「大学のロシア語 I・II」(東京外国語大学出版会、共著)。好きな犬はゴールデンレトリーバー。趣味はサッカー観戦と山歩き(ただしそこはかとなく高所恐怖症)。

      • 声の出演 Женя(ジェーニャ) (声優)

        ノヴォシビルスク市出身、ノヴォシビルスク国立経済経営大学IT学部卒業。日本語・英語・ロシア語のトリリンガル。声優を目指して2005年に来日。2009年に「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」で声優デビュー。以降「ジェーニャ」の名で、劇場版アニメ「ガールズ&パンツァー」クラーラ役、TVアニメ「怪盗ジョーカー」レディー・ダウト役、NHK Eテレ「テレビでロシア語」レギュラーなどを務める。番組のナレーションを担当。

      • 声の出演 Олег Высочин(オレーグ・ヴィソーチン) (関東国際高等学校講師)

        ウラジオストク市出身。極東国立大学東洋学部日本語学科卒業。極東国立大学の日本語教師として働きながら、ソ連科学アカデミー付属極東研究所で日本語の研究をし、博士号(言語学)を取得して1991年に来日。現在は東京にある関東国際高等学校のロシア語講師。同時にNHKのロシア語ラジオ放送で翻訳やアナウンス、またNHKラジオ「まいにちロシア語」講師を務める。ロシアゴスキーの声を担当。

      放送

      • Eテレ
        毎週水曜 午前0時25分(火曜深夜)

      再放送

      • Eテレ
        毎週火曜 午前5時30分

      関連リンク