ニュース速報

体にやさしいおうち中華 (5)「しっとり柔らかく 鶏肉」

鶏肉は火の入れ方で食感に大きな差がでます。鶏肉をペーパータオルで包み、さらにアルミ箔で包んでから蒸すと、鶏肉に緩やかに火が入るため、しっとり出来上がります。 <フライパン蒸し鶏>鶏肉は厚みのある部分に切れ目を入れて開き、厚みをそろえる。酒・砂糖・塩・こしょうをふり、手で押し付けてなじませる。アルミ箔(はく)に厚手のペーパータオルを重ね、鶏肉をしっかり包む。フライパンに深さ1cmの水を入れて中火。沸いたらふたをして火を通す。9分ほど置いて取り出し、粗熱をとる。食べやすい大きさに切って器に盛り、パクチーなどを飾る。ごまだれやピリ辛酢じょうゆでいただく。