ニュース速報

今年こそ!はじめてのごちそう (4)「まずは焼いておいしく すき焼き」

すき焼きは心も体もポカポカになる昔ながらのごちそうです。食べる順番や、味がピタッと決まる割り下の配合など、もっとおいしくなるコツがいっぱいです。 体が温まり、手軽で見栄えもする和食のごちそうをご紹介。<すき焼き>割り下は酒・醤油・みりん・砂糖・昆布水を混ぜるだけ。(煮物にも使えて重宝)鍋に牛脂・ねぎを入れて焼き、香りを出す。ここで一度肉(和牛)を焼いて食すのもおいしく、楽しい。続いて豆腐、しらたき、春菊を加え、肉も並べ入れる。この時、肉を煮すぎないのがコツ。割り下で煮込んだらできあがり。卵でいただく。煮詰まったら昆布水を加える。