「守れるか“地域の足”〜四国 公共交通の未来は〜」

初回放送日: 2022年6月3日

人口減少や長引くコロナ禍の影響で、かつてない危機を迎えている四国の公共交通。“地域の足”をなんとか維持しようと、各地で従来の枠を超えた挑戦が始まっている。徳島では、JR四国と徳島バスが全国初となる“共同経営”を開始。高知では、自治体が主導する形で、路線バス・路面電車・タクシーが運行エリアをすみ分ける大胆な計画が進んでいる。“地域の足”を守るには何が必要か。地域の公共交通の未来について考える。