お知らせ

この番組について

サクッと聴ける、でもディープな新時代スポーツ情報番組です。番組内の企画はすべて5分以内。それぞれが独立・完結しているので、どこから聴いても楽しめる番組です!

  • ゲスト ティモンディ (お笑い芸人)

    高岸宏行と前田裕太からなるお笑いコンビ。(写真右が高岸、左が前田)愛媛・済美高校野球部出身の同級生。高校卒業後は別々の大学に進むものの、その後も親交は続いた。高岸はプロ野球選手を目指していたが、大学3年の時にケガで断念。「野球はできなくなったが、違う形でみんなに元気や勇気を与えることをしたい!」と前田を誘い、2015年にコンビを結成。ちなみに高岸は、プロ野球公式戦での始球式において、芸能人では歴代最速の142km/hの記録を持つ。

  • ゲスト(インタビュー出演) 清原和博

    1年生からPL学園の4番打者として活躍し、5季連続で甲子園に出場。3年連続で夏の決勝に進出し2度の優勝、センバツでも準優勝に輝くなど、高校野球史に輝くPL学園の主力として活躍した。甲子園で春夏通じて13本のホームランは個人最多。3年生夏の決勝では、優勝に導く2本のホームランを打ち、勝負強さも光った。PL学園卒業後は西武、巨人、オリックスで活躍。歴代5位となる通算525本のホームランを放った。

  • MC 江崎史恵 (NHKアナウンサー)

    初任地は広島放送局。東京アナウンス室勤務を経て、現在はラジオセンターに所属し、「ラジオ深夜便」のアナウンサー・ディレクターを担当。高校野球については、子どもの頃、夏休みに家族で見ていたことと、知人が神奈川県の地方大会決勝でマウンドに立った時の興奮をよく覚えているという。NHK入局後は、新人時代、広島県の地方大会決勝で、後に巨人に入団した西村健太朗投手を擁する広陵高校のスタンドリポートを担当した。スタンドでは、選手たちの保護者と一緒になって応援し、甲子園出場が決まった時に「江崎さんのおかげよ~」と言われたことが、“そんなわけないのに”と思いながらも、とてもうれしい記憶として残っているとのこと。

  • 出演 鏡和臣 (NHKアナウンサー)

    2001年(平成13年)入局 佐賀~奈良~広島~名古屋~東京アナウンス室~宮崎~東京ラジオセンター~名古屋 2001年全国高校野球選手権佐賀大会3回戦で初実況。甲子園での実況デビューは2008年の夏。 以来、2020年まで20年連続で高校野球の実況を担当する。モットーは「選手が主役」「勝負を伝える」。

放送

  • ラジオ第1

直近で放送したエピソード