ニュース速報

最新のエピソード

総合
9月18日(金) 午後8:20 午後8:34

青森県と秋田県にまたがる白神山地は琵琶湖の2倍ほどの広さがあり、ブナの深い森に覆われている。この辺りは豪雪地帯だが、ブナはそうした環境にうまく適応して生きている。春、雪解けの森に小さな湿地が現れ、サンショウウオが集まる。夏、森ではチョウたちが舞い、アカゲラなど鳥たちが子育てに励む。そして山が紅葉に染まる秋、ブナの実をめぐって生きものたちが活発に動き回る。春から秋、白神山地で命の営みを見つめる。

    次回のエピソード

    • 総合
      9月20日(日) 午前7:45 午前8:00

      紀伊半島の西側に位置する和歌山県の白崎海岸。およそ5キロに渡って、真っ白な石灰岩の露出した海岸線が続く。独特の景観は海の中にも広がり、神秘的な海底洞窟も見られる。春から夏、海岸には1千羽以上のウミネコが繁殖のために集まる。周辺の海は豊かな漁場で、親鳥は交替で海に向かい、ヒナに魚を届ける。梅雨、石灰岩の上にはイトカケギセルなど珍しい陸貝が姿を現す。多様な生きものたちが躍動する白崎海岸を訪ねる。

      9月20日ほか 放送予定へ

    見逃し配信

    • 総合
      9月13日(日) 午前7:45 午前8:00

      北海道東部、帯広市の市街地に面した「帯広の森」。開拓で失われた森をよみがえらせようと1975年から植樹が始まり誕生した人工の森だ。今では森は野生生物の宝庫。豊富な虫を目当てに鳥たちが集まり、都市部では珍しいコルリがヒナに食べものを運ぶ。太く成長した木では、アカゲラが穴を掘って子育てを行い、そうした巣穴を利用してエゾモモンガも暮らすようになった。エゾモモンガのオスたちがメスを巡って争う姿も見られる。

    その他のこれまでのエピソード

    この番組について

    雪解け水が流れる春の小川、緑鮮やかな初夏の森、青く澄み渡った真夏の海、実り豊かな秋の里山、白銀に輝く冬の雪山…。 1998年に始まった『さわやか自然百景』は、全国各地の自然風土とそこで育まれる生きものたちの姿を見つめ続けてきました。日本の自然の“かけがえのない貴重さ”をお伝えしていきます。 ※近畿各県では、基本的に毎月最終週日曜の、総合での本放送はありません。 (例外もありますので、くわしくは放送予定のページをご覧下さい。)

    放送

    • 総合
      毎週日曜 午前7時45分

    再放送

    • 総合
      毎週月曜 午後4時05分(本放送の8日後)
    • BSプレミアム
      毎週土曜 午前6時30分