ニュース速報

これからのエピソード

  • 5月16日(日) 午前7:45 午前8:00

    日本一深い湾、駿河湾の最も奥に位置する静岡県沼津市の海。春、沿岸の浅瀬には多種多様な海藻が生い茂り、ボラの群れやヒラメなどたくさんの魚が集まる。また、砂泥の海では、腹びれを使って海底を歩くように移動する魚、ウミテングや独特の風貌をしたマガキガイなど個性豊かな生きものが見られる。そして夜、浅瀬には普段は深海に生息するキアンコウが姿を現す。春、多くの生きものたちでにぎわう静岡・沼津の海を見つめる。

    5月16日(日)午前7:45ほか 放送予定へ
  • 5月22日(土) 午前11:33 午前11:49

    本州最南端、和歌山県串本町。黒潮が流れる海には120種類ほどのサンゴが生育し、亜熱帯や温帯の海で見られる魚が共生している。中でも巨大なスリバチサンゴにはひときわ多くの生きものが集まる。ここを縄張りにして暮らすのが、体長50センチの真っ赤な魚アザハタだ。サンゴに群がる小魚を外敵から守ったり、大きな体をエビに掃除してもらったり、様々な生きものと深い関わりをもつ。夏から冬、串本の海で命の営みを見つめる。

    5月22日(土)午前11:33ほか 放送予定へ

    最近放送したエピソード

    • 総合
      5月9日(日) 午前7:45 午前8:00

      北海道東部、十勝平野の森。葉が茂る前の4月、日差しが地面に届き、チョウやリスが活発に動き始める。エゾモモンガは春に真っ先に芽吹くヤナギの芽にありつく。雪解けが進み、森の地面にできた水辺では、貴重なニホンザリガニが食べものを探し歩く。雪解けは陸上の動物にも恩恵をもたらす。クルミの樹液をなめるエゾリス。木々は若葉を成長させるため活発に水を吸い上げるため、樹液があふれ出す。この時期ならではのごちそうだ。

      配信中

    この番組について

    雪解け水が流れる春の小川、緑鮮やかな初夏の森、青く澄み渡った真夏の海、実り豊かな秋の里山、白銀に輝く冬の雪山…。 1998年に始まった『さわやか自然百景』は、全国各地の自然風土とそこで育まれる生きものたちの姿を見つめ続けてきました。日本の自然の“かけがえのない貴重さ”をお伝えしていきます。 ※近畿各県では、基本的に毎月最終週日曜の、総合での本放送はありません。 (例外もありますので、くわしくは放送予定のページをご覧下さい。)

    放送

    • 総合
      毎週日曜 午前7時45分

    再放送

    • 総合
      毎週月曜 午後4時05分(本放送の8日後)
    • BSプレミアム
      毎週土曜 午前6時30分