ニュース速報

最新のエピソード

総合
7月5日(日) 午前7:45 午前8:00

高知県西部、山々の間を蛇行しながら流れる清流、四万十川。その中流域には、針葉樹の人工林に混じって、スダジイやシラカシなどの常緑樹が深い森を作っている。初夏、森には繁殖のためさまざまな種類の鳥たちが集まる。アカショウビンやブッポウソウ、そして絶滅が心配され、幻の鳥と言われるヤイロチョウも毎年姿を現す。この森が鳥たちをひきつける秘密は何か?“野鳥の楽園”、四万十川の森で小さな命の営みを見つめる。

見逃し配信

次回のエピソード

  • 総合
    7月12日(日) 午前7:45 午前8:00

    神奈川県東部の三浦半島。その先端に位置する城ヶ島は周囲4キロほどの小さな島だ。海岸には切り立った崖が続き、ごつごつした岩場が広がる。冬から春にかけて断崖に500羽ほどのウミウが集まる。日本有数の越冬地だ。春、崖に作られた巣でトビが子育てを行う。そして初夏、海岸の岩場には繁殖期を迎えたイワツバメなどが飛来する。こうした鳥たちを支えているのは島を取り囲む豊かな海だ。城ヶ島で躍動する命の営みを見つめる。

    7月12日ほか 放送予定へ

見逃し配信

  • 総合
    7月5日(日) 午前7:45 午前8:00

    高知県西部、山々の間を蛇行しながら流れる清流、四万十川。その中流域には、針葉樹の人工林に混じって、スダジイやシラカシなどの常緑樹が深い森を作っている。初夏、森には繁殖のためさまざまな種類の鳥たちが集まる。アカショウビンやブッポウソウ、そして絶滅が心配され、幻の鳥と言われるヤイロチョウも毎年姿を現す。この森が鳥たちをひきつける秘密は何か?“野鳥の楽園”、四万十川の森で小さな命の営みを見つめる。

その他のこれまでのエピソード

この番組について

雪解け水が流れる春の小川、緑鮮やかな初夏の森、青く澄み渡った真夏の海、実り豊かな秋の里山、白銀に輝く冬の雪山…。 1998年に始まった『さわやか自然百景』は、全国各地の自然風土とそこで育まれる生きものたちの姿を見つめ続けてきました。日本の自然の“かけがえのない貴重さ”をお伝えしていきます。 ※近畿各県では、基本的に毎月最終週日曜の、総合での本放送はありません。 (例外もありますので、くわしくは放送予定のページをご覧下さい。)

放送

  • 総合
    毎週日曜 午前7時45分

再放送

  • 総合
    毎週月曜 午後4時05分(本放送の8日後)
  • BSプレミアム
    毎週土曜 午前6時30分